第37ヨガ教室レポート(R1/11/8)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約4分で読めます。

前回のブログとほとんど同じ時間帯に書いたんですが、記事の文章が長くなったので今回は分けています。ブログをアップした日時はワードプレス(HPをつくるソフト)で幾らでもいじれるのでヨガ教室の日とか、ブログを書いた日とか、アップした日は、てんでバラバラで同期してません。

11/8(金)の春日いきいきヨガアワーにお越しいただいた8名のみなさん、お疲れさまでした。一緒に練習してくれてありがとうございます。今回は、新規生徒さんが3名で始まりました。未経験でも最初のヨガにヨガアワーを選んでくれて嬉しいですね。

今回も先週の金曜と同じで参加者のなかにヨガアワー正式指導者が1名紛れ込んでました。やっぱり、そういう状況では私も緊張しますが、お手本がクラスのなかに混ざっているので初心者の生徒さんからすると行いやすく、私もデモをしながら口頭指示をだす時間がへったぶん少し楽でした。ポーズの誘導が言葉だけってのは、やっぱり初心者さんにとっては難しくて、私も最初はそうでした。

ヨガ教室の前後の食事について

今日こられた新規のかたはホームページでしっかり注意事項の「※お食事は最低でもスタート1時間前までにお済ませください」を実行して来てくださってて、何も食べてませんでした。

だから、クラスが終わったときに「このあとは食べてもいいですか?何を食べたらいいですか?」尋ねられたので「何も食べなくてもいいですよ!」って応えたら、ちょっとビビッて引かれてしまいました(汗)まぁ、これは冗談だったんですけど、ちゃんと真面目に注意事項を実践し、そのあとも質問してくださって、スゴいなぁって思いました。

実は私としては、「何も食べなくてもいいよ」っていうのは半分ホントの話しで、ヨガをずーっと続けていくと「物事」にあまり執着しなくなります。同様にして、「食べ物」にもあまり執着しなくなって、クラスが終わったあとも食べ物とか、どーでもよくなっちゃいます。この気持ち誰か同意してくれる人いますかねぇ?このことがヨガをやっている人に共通していえることなのかどうかは不明ですが、どうなんでしょう。

でも、ちゃんと真面目に「食べてもイイですが、炭水化物はひかえたほうがいいです」とアドバイスをしました。炭水化物は胃に長く残留します。なのでせっかくヨガが終わって気持ちよくスッキリなっても、胃酸がたくさんでるのとお腹の膨満感で気持ち悪くなります。炭水化物が胃に長く残留するという事実を「飲み会のあとの嘔吐物」という汚い例えばなしを使って説明しました。せっかく気持ちよくなったのを汚い話で台無しにします。

アームバランス祭り

今日のWODは「バランス」です。なので、元々、今日のシークエンス4に含まれているアームバランスをどれも削除せずに、ぜんぶやっちゃいまいた。バランスがテーマなのに、アームバランスが多いというバランスの悪い今日の練習。初心者が3人もいるのにアームバランスが3つもあるというハードな内容です。ビックリしたことでしょうが、私も最初は「ヨガすげー」って衝撃を受けましたから同じ気持ちを感じていただけたら、めちゃめちゃ嬉しいです。

「春日いきいきヨガアワー」では初心者が多いクラスでも、難易度の高いポーズやアームバランスもどんどん入れていくつもです。ヨガアワーは難しいポーズでも、前段階のポーズで留まることができるので、ポーズの最終形まで行く必要はないです。前段階に留まることで得られるものも多くあります。いずれ進みたくなったら自分の身体と会話しながらチャレンジしてください。そういう自分の身体との対話こそが大切な気がします。さきに進むか進まないかを決めるのは講師ではなく自分です。「留まることも勇気」ってヨガアワーの先生たちは言ってました。

ってゆーか、自分ができなくてもアームバランスを誰かがやってる姿をみるだけで気持ちがアガりますよね。カッコ良くて目の保養にもなるし、その力強いエネルギーを自分も貰う。そしてモチベーションがあがっちゃう!ダレン先生は難しいポーズをみるだけでも、そのポーズとの絆が強まると言ってました。

また、最後に「アームバランスでどうやったら足が浮くのか?」っていう質問もありました。私的には、あまり腕の力で支えているって感じはしません。体幹全部にある程度、固定性をだして一枚板のようにしたら、あとは重心を調節して、つり合いがとれたところで、とどまり腕の上にのっけてやるだけって感じです。まぁ、あとポーズによっては柔軟性も必要ですが。

それにしても、だんだん寒くなってきました。ヨガアワーを開始時は丁度いい室温でも、終盤に近付くと、クールダウンのストレッチと汗の気化熱もあいまって身体が冷えてきます。うちにはブランケットもないのでシャバアーサナのときは身体を冷やさないようにブランケットを持参してくださってもOKです。シークエンスの序盤と中盤はめちゃくちゃ暑くて汗だくなんですけどねぇ。室温の調節が難しいですね。

最後にヨガアワー経験者さんから、うしろにも横にもマットを敷いて、そこでもデモしたら後ろの人にもわかりやすいってアドバイスを貰っちゃいました。たしかに!ぜんぜん思いつかなかったです。ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました