第42・43回 ヨガ教室レポート(R1/11/27・11/29)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約5分で読めます。

 

今年も残すところあとひと月です。春日いきいきヨガアワーを開催して初めての年始年末を迎えます。年末のスケジュールは、最後の週までヨガアワーをいれてます。忘年会や帰省で忙しい時期かもしれませんが、そんな不規則な生活と暴飲暴食になりやすい時期だからこそ、ヨガアワーをやって心身ともに引き締めていきましょう。いい年が迎えられるように。

さて、今週も11月27日(水)と11月29日(金)の「春日いきいきヨガアワー」に来てくださったメンバーのみなさん、一緒に練習してくれてありがとうございました。参加人数は水曜が新規4名を含めた計15名で金曜は新規2名を含めた計9名です。少しずつですが、10月から新たに始まった金曜のクラスも参加者が増えてきています。金曜もそれなりに需要があるということでしょうね。

最近の新規生徒さんの傾向としては、以前に比べてインターネット(HPやLine)経由が減って、ご紹介のかたが増えている印象です。だいたいネット経由が3割、残り7割がご紹介ってとこでしょうか。こうやって口コミで広まって地域の人々の健康や美容をサポートできることは、とても嬉しいことです。とくにご紹介が増えたということは、「春日いきいきヨガアワー」が人に薦められるくらい良いモノであると好意的に受けとめられている証拠と思われます。めっちゃ嬉しいです。まぁ、講師の指導が多少ヘボくても、安いからイイヤってくらいのスタンスでまいります。

水曜日のクラスの様子

水曜は寒くて雨も降ってるので、「絶対少ないだろうなぁ、4人くればいいほうかなぁ」って思ってたら。15名も来てくださってビックリしました。予想とのギャップが大きかったので焦ってあれよあれよという間に終わってしまったっていう印象です。

いつもきてくれてるメンバーに加えて、さらにお友達や同僚のかたを一緒につれてきてくれたので人数が多くなったのでしょう。いつも早めに教室にきて場所とりをされているかたが、もう後ろの場所が埋まっていて「はやめにきたのに」って渋々前列にきてました(笑)

ヨガアワーの創始者であるダレン先生がいうには、15人くらいが一番教えやすいって言ってましたが、私にはまだ荷が重く、いつもよりも言葉が出ずに指示がだせませんでした。ちなみにアメリカの一番人気のあるヨガアワーのクラスは一度に50人に教えるらしいです。

あと今回、足や脇バラがつる人が続出して、前列の2名、真ん中に1名が途中でもがき苦しんでました。今日はキツかったのかな?でも無視してすすむ。そして、最後は質問がなかったので、筋肉がつることの原因を解説しました。

今回は、結構遠くの地域からこられているかたが多く、わざわざ春日市まで足を運んでいただいてありがとうございました。やっぱり、春日市いきいきプラザは駐車場が広いのがいいですね。

水曜日のWord of the day(WOD)は「整体」でした。これはほとんど、宣伝みたいなもので、来年くらいから「春日いきいきヨガアワー」の空き時間を利用して15分くらいの整体をしてみたいなぁって考えてます。

具体的には、オープンが19時なんで、19時5分から19時20分までのあいだ、前もって予約していただいた一名のかたにストレッチを中心とした整体を1回1000~1500円で行いたいと思います。

なぜそういうことをしてみたいのかというと、ヨガアワーに初めて参加するひとのなかに、ときどきなんですが、ものすごく体が硬い人がいるんです。10人に一人くらいの割合で。

いや、べつにどんなに体が硬くても、ヨガアワーを地道に根気よく続けていけば、そのうち身体はだんだんと柔らかくなって体力もついていくってのは明らかです。ですが、やっぱり最初から身体が硬い人は、ふつうのひとよりも根気と努力が必要になり、道半ばにしてあきらめてしまう可能性があります。

そういうかたに対して、一足飛びにズルして、ある程度の柔らかさまでワープさせちゃおうということです。そうすると、そのあとに行われるヨガアワーがやりやすくなります。

ヨガアワーまえの整体に、いまのところどれだけ需要があるかはわかりませんが、ご希望のかたはLine公式アカウントでご予約ください。ちなみに私はどちらかというと仕事柄、ヨガよりも「整体」のほうが専門です。ですが、整体よりもヨガのほうにこそ本質があるように思えます。

金曜日のクラスの様子

金曜も、いつも来てくださる生徒さんがお友達と一緒に来てくださって、初心者の多いクラスとなりました。

私は「春日いきいきヨガアワー」では、初心者はべつにちゃんとポーズがとれなくても良いと考えています。何もできなかったとしても、1時間のあいだに50回以上も姿勢変換があるので、それはヨガのポーズじゃなかったとしても大変なことです。それでまず第一段階として体力をつけて、それからポーズ自体が上達していくことを「段階」というWODを踏まえてお伝えした。1時間マットの上にいるだけで十分練習になってる。隣や前のひとがポーズをとっているのを見るだけでも、それと同じ脳の部位が働きます。

今回は、前回の水曜にあまり口頭指示をだせなかったので、しっかり言葉をだしていきました。そしたら最初のほうが丁寧にたくさん指示をいれすぎて、後半の時間が足りなくなりました。初心者の参加者も多かったので、やる予定だったポーズも4つくらいとばしました。でも「peacock」や「sideways bow」などは珍しく変わった動きなのでみんな楽しそうに笑っていました。

今日のミスは「eagle」の上肢の巻き方が逆だったこと。たしかまえは「cow face2」の手が逆だったよね。「crocodile knees bent」の指示が下手糞でわかりにくかったこと。「triangle」はもうちょっと指示のバリエーションが欲しいところ。

最後に、できるだけ教室に通ってくれているひとは「Line公式アカウント」に登録していただきたいと思ってます。メンバーへの連絡や管理がしやすいですからです。まぁ、「どーせ、ウザい広告メールが頻繁にくるんだろぉ」って警戒されそうですが、そんなどこかの企業みたいに押し売りのような通知はしません。その週の教室スケジュールが週に1回、タイムラインが月に1回あらわれるくらいです。もし、教室が急きょ休みになった場合、多目的室のドアのまえで茫然と立ち尽くさなくてもいいようにね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました