第44・45回 ヨガ教室レポート(R1/12/4・12/6)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約7分で読めます。

師走に突入しました。今月で春日いきいきヨガアワーも9カ月目となります。みんながたくさん練習しにきてくれるので9カ月も持ったんでしょうね。はじめは2、3人で練習していたのに近ごろでは10人前後で練習することが多くなりました。みんなのおかげです。

さて、今週も12月4日(水)と12月6日(金)の「春日いきいきヨガアワー」に来てくださったメンバーのみなさん、一緒に練習してくれてありがとうございました。参加人数は水曜が14名で金曜は新規1名を含めた計8名です。金曜日もすこしずつ賑やかになってきています♪

水曜日のクラスの様子

最近は、けっこう遠方からこられるかたも増えてきました。春日市よりもだいぶ北だったり南の方だったりと、ちょうど混雑する時間帯なのに、わざわざ車でお越しくださいます。なかには40分かけてこられるかたもいました。それでも、いきいきプラザの駐車場が広いので、かなりの人数が車で来ても大丈夫なくらい停めるスペースがあります。じつは建物の裏手にも、もっと広い駐車場があるのですよ。

ヨガ歴の浅い、ちいさいオッサンが教えているクラスなのに、わざわざ遠くからきてくれて、なんか申し訳ない気分になります。とても目の保養なんかにはなりませんが、みなさんにとって実りのあるクラスになるように頑張ります。

それに距離の壁だけじゃなくて、時間の壁を越えて、つまり仕事の日時などまで調整して参加してくださるメンバーさんもいました。

そして、「なんか、ヨガ続きそうだからヨガマット買っちゃいました」って道具まで揃えちゃうひとまで現れました。嬉しそうにお話ししてくれたのでこっちまで嬉しくなっちゃいました。

そんなひとたちの時間やお金の使い方まで、変えちゃうなんてヨガアワーってちょっと面白いですよね。ワンコインの気軽なクラスでも、そこそこ誰かに影響を与えることができるとは面白いことです。

水曜日のWODは「失敗」だったんですが、ちょいと恥ずかしい想いをしました。泣いてしまったんです。べつに感極まったわけでもなんでもないんです。べつに感動する話をしたわけでもないのに変な雰囲気にしてしまってすいません。じつは近ごろ、目が乾燥して痛めてて、日頃つけなれないコンタクトを装着すると、よく涙がでるのです。だいたい緊張しているときにそうなるので、心配をおかけしてすいませんでした。WODの通り「失敗」しました。なので恥ずかしくて、ほんとに言いたかったことが話せずにオチもなく終わらせてしまいました。たぶん、今後もなると思います(汗)

ヨガに整体を取り入れてみたい

そして、今回も最後に、年明けからしようかと考え中の「整体」の宣伝もしました。男性の参加者さんをマットに寝せて「こんなことしますよ~」って感じでデモをしたんですが、

「それをどこでするんですか?」って聞かれて
「えーっと、そこにパーテーションがあるからそれを立てて~」

みたいな感じでお話ししたんですが、どうなんでしょう??やっぱり恥ずかしいですかねぇ。

それよりも、参加者さんにペアになってもらって、片方が施術者、片方が施術される側に分かれて、お互い交互にストレッチをしてもらう会ってことにしたほうがいいのかな??

それをやるメリットとしては、①人の身体を触ることで自分の身体のことがわかり、ヨガのポーズをより深めることができるっていうこと。②整体の技術をみにつけることで今後、介護やリハビリが必要になった家族に施術することができるということ。③施術したりされたりすること自体が、エクササイズや治療としての効果が見込めるってこと。かな??

ちょっとまだ、どんなことするか、またはしないのかは模索中です。なにか意見や、やりたいことがあったらLineやメールで教えてください。

ほんとはクラスに参加されている身体の硬いかたや、痛みや不調があるかたを対象に「整体」っぽいことをやろうと考えてたんです。でも、なんか、みなさんヨガアワーだけでも十分、柔らかくなって体力もついてきているので、「もう必要ないのかな」っていう気もしてます。

クラスの終わりは、質問がなかったので、ヨガアワー中に上手く指導できなくて、わかりくかったであろうポーズ(garland2)を詳しく説明しました。こういうポーズの基本を詳しく説明したり練習したりするためにもヨガアワーだけじゃなくて、ふつうの教室のようにベーシックのクラスも作ったほうがいいのかな?

月に約8~9回ある水曜と金曜のクラスを、「ヨガアワー」「整体」「ベーシック」の3つのクラスに分けてみるのがいいのかな?それとも今まで通り「ヨガアワー」いっぽんでやっていくのがいいのかな?よくわからんです。ヨガ教室コンサルタントのひと教えて!

金曜日のクラスの様子

金曜は、「reverse mudra」ってポーズをやろうかって思ってたんですけど、クラスがはじまるのを待っていた生徒さんたちが、すでにその手の組み方で「この手が上にあるほど若いってよー」って噂話をされてて「なにっ、心を読まれたのか!」ってビビってました(汗)テレパシーなのか?まさかサトラレ?

この手の組み方は初心者には難しくて、手首を痛めやすいので注意喚起の予行練習にもなったのでよかったです。もちろんヨガアワーでは注意喚起とともに、自分の好きな組み方でポーズにはいってもらうようにしています。

他にも、メンバーの一人から「ホームページにポーズやエクササイズの写真と説明があったら、家でも練習できるのに」って言われたのを受けて、

「まさに、それも、今、考えてるやつやんか!」ってなって、これもサトラレかっ!って不思議な金曜日でした。

一緒に練習を続けていくと、意識や思惑なんかもこうやって共有されていくものなのかな??

今日は、いつもやっているダウンドッグやプランクポーズを前腕で支えるバージョンにしてみたり、ダウンドッグで片脚を挙げてみたりと、いつもと少し違う雰囲気でやってみました。前腕で支えると手で支えるときよりも体幹の力を感じやすいですよね。

教え方に自分らしさがでてきたのかな

参加したメンバーは8名だったけど初心者が多かったので、いつもよりもデモを多く入れて、それでいて、いろいろなポーズの面白いところやユニークなところに着目して進めていったつもりです。相変わらず筋肉が攣って、もがき苦しんでるひともいたけど、とくに「cosmic abs」「bowing sage」「baby bird」「twisted sage」はみんな楽しそうに練習してました。私もリラックスして指導できたような気がします♪

それとか、同じポーズでも、いつもと違う入り方でやったりとか少し遊んでみました。ヨガアワー以外のヨガをやったことがないから、自分でなんか想像しながら、こんな入り方も他のヨガではやってそーだなって感じで。そんな余裕もでてきたってことですかね。ふふっ♪

何気に、もう45回目ですからね。ふふっ♪

ティーチャートレーニングのときも、最初は基本通りにセリフを暗記して、そのうち、自分の味がでてくるようになるからって、そんな感じのことをダレン先生もいってたし♪

ポーズの入り方って、いろいろあるんですね。ランジの入り方にしても、マウンテンポーズから片脚を後ろに引いてランジに入るか、ダウンドッグから片脚を大きく前に出してランジに入るかで負荷が大きく変わってくると思います。後者のほうが初心者にはキツいです。柔軟性も体幹も腸腰筋もいるけんね。リハビリのときにはこんなこと考えもせんかった。ヨガを教えることが上手になることと、ヨガ(アーサナ)が上手になることは違うんですね。

そんなわけで、今回は体幹を鍛える系のポーズや動きが多かったから、みんなもちょっとキツかったと思います。初回のひとや初心者のひとも結構いたけど、「いい運動になりました!」って楽しんでくれてたみたいなのでオッケーですかね。

今日のWODは「偏り」です。私の考えた「偏り」はセレクションバイアスの意味合いです。研究や統計などのサンプル数のネタを混ぜながら、ヨガをするひとって、ふつうの人よりもどっちかっていると「頑張る人」に偏ってるよねってお話し。そして、せっかく頑張る側に偏ってるんだったら、ヨガだけじゃなくて、ヨガで養われた心身の強靭さをつかって、べつのことにもチャレンジしてみましょうみたいな話しまで発展させました。したよね?ヨガを目的にするんじゃなくて、ヨガを手段や道具にすること。

みんなの医療統計 12日間で基礎理論とEZRを完全マスター! みんなの医療統計 多変量解析編 10日間で基礎理論とEZRを完全マスター! 

最後の質問コーナーでは、質問はなかったけど、帰り際の個別的な質問で、「どうして指で床を掴むようにするのか」を手のアーチや手首の安全をキーワードに、「つま先をポイントさせること」はアキレス腱と拮抗した筋をキーワードに説明しました。

てか、今日の教室ブログはナゲ~ですなぁ。はたして最後まで読んだ人いるんだろうか。3500文字くらいあるよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました