第63・64回 ヨガ教室レポート(R2/2/19・2/21)

健康について
この記事は約5分で読めます。

 

今週も「春日いきいきヨガアワー」の練習に参加してくださったメンバーのみなさん、ありがとうございました。

水曜日は新規のかたが3名みえて、さらに数カ月ぶりにこられたかたもいたので「春日いきいきヨガアワー」史上最大の参加人数となりました。ひとりでも多くの方にヨガアワーの良さを知ってもらいたいし、その恩恵を受けてもらいたいと思っています。

当ヨガ教室は、いつでも参加自由で予約もないので、さまざまな頻度でみなさんこられます。週2回毎回こられるかたもいれば、週1回のひともいます。まぁ週1回のかたが一番多いですね。そして月1回くらいのかたもいます。さらには3か月に1回のかたもいます。ヨガアワーのスタイルが合わずに1回で来なくなるかたも大勢いらっしゃいます。本当は来たいのに子どもさんが小さかったり、仕事が忙しくて参加できないかたも多くいらっしゃいます。

ヨガアワーが合うか合わないかは、やってみないとわからないので、とりあえずどのようなかたでも1回は参加してみて欲しいですね。やってみて合わなければ止めればいいだけのはなしですから(笑)そして、ちょっとでも楽しいと思ってくださったかたは、週1回でも月1回でもいいので自分に合ったペースで参加してもらいたいです。

水曜日は、はじめて参加する人が多かったので、一番ポーズのバランスが良いシークエンス3をやりました。ときどき苦行みたいなシークエンスに出くわすので、一番最初に受けたヨガアワーがそんな苦行みたいなシークエンスだったら、1回でもう来なくなりますもんね(汗)

室温はいつもよりも少し低めの23℃にしたんだけどみんな暑そうだった。その日のWODは「炎症」でした。新型コロナウイルスに感染しにくくなる方法と感染したとしても重症化しない方法をお話ししました。この情報はまだあまりマスメディアでは大きく取り上げられていませんが、ちゃんと文献的な根拠はあるので信じてやってみください♪くれぐれも買い占めないように。

最後の質問コーナーでは何も質問がなかったので、ヨガアワーでは柔軟性だけにアプローチしないということ。柔軟性と力強さは表裏一体であるということ。最初はできなくてもつづけることで体力がついてくる。みんなでつづけて健康になるために料金設定を安くしているってこと。たしかそんなことを喋ったような気がします。

ポーズ中にときどきポーズに関する蘊蓄をいったりしてるんですけど、生徒さんからすると「きついけん、そんなことどーでもいいけんはやくつぎにいって!」って感じがヒシヒシ伝わります。

最近の傾向として、初期の頃には入れなかったポーズも選択肢としてチョイスできるようにしています。例えば、初期のころは「pigeon」も「mermaid」まで進まなかったり「upward bow」も全部「bridge」に置き替えたりしてたんですが、最近はそのまま抜かずにやります。それは、ヨガ教室の初期のころから通ってくださっているメンバーさんに挑戦の材料としてみせるためです。たとえ、その日の練習で誰もそのポーズの段階までやらなかったとしても、デモとして私がやっている姿を見せることで、ただ見るだけでも練習になります。なんかそんなことをダレン先生がアドバンスのときに言っていたような気がする。もちろん初心者のかたは、できるとろまでのステージで留まってもらうこともできます。自分に合った難易度のポーズを自ら取捨選択することも自分を知るための練習だと思います。誰かが川で溺れているときに、自分の能力を一瞬で評価し、飛び込むのか、誰かに助けを求めに走るのか、それとも近くにある浮くものを投げ入れるのか。いや、例えが悪いですね。すいません。

金曜日は水曜ほど多くはないですが「水曜にこれなかったからきました」っていうひとや「来週は用事でこれないから、今週は2回きました」っていうひとがいらっしゃいます。もちろん、毎週2回、練習している強者な人もいます。みなさんそれぞれ1週間の予定や生活にヨガアワーを上手に組み込まれていて、ヨガをする目的はそれぞれ異なるとは思いますが、みなさんそれぞれにちゃんとヨガを道具として手段として活用されてるんだなぁって感心します。

できれは、ヨガを日常として生活に組み込んでもらいたいですね。旅行やご褒美みたいな特別なものとしてではなくて、ゴミ出し日みたいなあたりまえの感覚です。仕事や育児を頑張った自分へのご褒美に3か月に1回旅行に行く人はいても、3か月に1回ゴミ出すような人はいませんよね。ゴミ出しは週1回または2回と相場は決まっています。おーっと、ブログの最初のほうに言ってたこと矛盾してますね。まぁ「できれば」の話しです。

今週の金曜はずーっと来てくださってるメンバーや週2回のメンバーが多かったんで、いつのまにかちょっと難しめのシークエンスを、けっこうハイペースで進行していまってました。するとメンバーのかたから「今日はなんかペースがはやいです」って言われちゃいました(笑)いやー、なんか、シークエンス中、みなさんが練習している風景をみてたら最初の頃とは全然違うなーって感慨深い気持ちになってしまって、ついついです。

その日のWODは「パニック」でした。木曜日にICLSという「医療従事者のための蘇生トレーニングコース」の研修を受けて、それについてのお話をしました。いきいきプラザにはAEDはもちろんあるだろうって話しや、誰かが練習中に意識消失した場合の対応など。みなさんが安心して意識消…いや、練習できるように。みたいな話し。けっこう大事なことです。

自分用の反省:いつも私がマットの前後を気にせずにポーズ誘導してしまうので、生徒さんたちが自主的にマットの前後を微調整してくださいます。例えば、「reclined hero」で背中を床につけたが、そこにマットがない!とか、「pigeon」の後の脚がマットから大きくはみ出たりとか。けっこう恥ずかしいです。

金曜の最後の質問コーナーでは、水曜に喋った新型コロナの対策法を、水曜に聞けなかったひとたちにも、もう一度お話ししました。新型コロナウイルスの影響でヨガ教室を自粛する可能性はありますが、今のところ来週も予定通り行うつもりです。もし、休講の場合はLine公式アカウントより通知したします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました