新型コロナウイルスで休止中だから

プライベート
この記事は約4分で読めます。

久しぶりの投稿です。ご無沙汰しております。

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスの影響をうけて「春日いきいきヨガアワー」はただいま活動休止中です。前回の教室が2月28日だったから、3週間以上ヨガから身を遠くに置いています。なんか気が抜けて、やる気がおきなくて前回の教室以来、家でも全然ヨガをやってません。

ちょっと不謹慎ですが、せっかくヨガをやらないための大義名分ができた良い機会なので、ヨガを遠ざけることで逆に「如何に自分にヨガが必要なのか!」をおもい知るための時間にしようと思ってます。

「ほ~ら、ヨガをしなかったから、こうなっちゃってしまったでしょ~?」みたいな感じに自分を追い込んでいけたらと思います。

いまのところ、身体の変化としては、体がブヨブヨになってきたくらいかな。下っ腹だ出てきたような感じ。姿勢も悪くなってきたと思う。先月までギリギリできていたポーズは、またできなくなっちゃってそう。ハンドスタンドとか無理ゲーやん♪体幹がぜったい弱っとるね♪

メンタル面としてはどうだろう。週2回、ヨガ教室をしなくてよくなったので時間に余裕がでてきて、プライベートがはかどる。家族と過ごす時間が増えた。これはすごく良いこと。好きな本を読む時間も増えたし、子どもに読み聞かせする時間も増えた。まぁ、ついでにダラダラする時間も増えました。心がダラケテしまってるので食事もなんか不摂生になった気がします。食べ物の誘惑に弱くなった感じ。だってヨガを定期的にやってたらそんなことないもん。これは良くないことかな。我慢すべきときに我慢ができない。

そうはいっても、ぜんぜん運動してないわけじゃないです。友達の結婚式の余興でダブルダッチの練習をすることもありますし、子どもたちとミニサッカーや鬼ごっこ、長縄などで遊んで筋肉痛になることもあります。

最近、読んで面白かった本と、読み聞かせした本を紹介します。一つはメンタリストDaiGoの著書にやたらと引用されるのに絶版本なのでプレミアになっている「WILLPOWER 意志力の科学」です。重い腰をあげる力、やりたくないことでもやる力、やってはいけないことをやらない力、そういう精神的なエネルギーが測定可能なものとして存在することを提言し、さらにその力を伸ばす方法を紹介する本です。子育て世代におススメで知っておくと子どもたちの将来に利益をもたらすと思われます。つづいて、読み聞かせにおススメなのが「あやうしズッコケ探検隊」です。私が小学生の頃に本が好きになったキッカケとなる児童書です。本の楽しさを子どもに知って欲しい。誰でも簡単に幸せになれる方法だから。子どもたちを両脇に全員で毛布にくるまって、この本を読み聞かせする幸せったらありゃしない。是非!

WILLPOWER 意志力の科学 あやうしズッコケ探険隊

ヨガをやらないことで気づくこともある

みなさんはどうですか?ヨガしてます?体うごかしてますか?毎週かよっていたヨガ教室がお休みになってしまって、「身体」や「心」にどのような変化があらわれましたか?せっかくの機会なので自分を振り返ってみてください。そして、やっぱり自分にはヨガの練習が必要なのか、またはそうでないのかを考えてみるのも楽しいと思います。そういう自分自身に対する気づきが得られたのであれば、今回のような「活動休止」も意味のあるものになると思います。

いちおう、4月からは「春日いきいきヨガアワー」は再開の予定です。まだ、あと2週間ちかくあります。コロナウイルスの影響にも負けずに活動を続けているヨガ教室もたくさんあると思うので、これを機会に他のヨガ教室に通ってみるのもアリな気がします(笑)

まぁ、ヨガ教室(スポーツジムも含めて)ってたいがい密閉空間で身体を動かして呼吸をするのでリスキーですよね。運動で「こんなときだからこそ免疫をあげよう!」ってうたっているところもありますが、免疫をあげる効果ってのは運動の慢性効果であって急性効果としてはむしろ下げると思います。運動と血圧の関係と一緒ですね。なのでご注意を。

私も、ことのところ、はやくヨガアワーがしたくて身体がウズウズしてきてます。みなさんもそう感じてもらえたら嬉しいですね。はやくコロナウイルスが収束しますように。

あと、私としては、ヨガ教室を再開したときに、ちゃんとヨガアワーを指導できる自信がないってことです。再開した最初のクラスで、インストラクションがグダグダになってしまってたら、そのときは御免なさいです。あたたかく見守ってくださいね。

「あわてないあわてない、ひとやすみひとやすみ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました