再開に向けて自主練開始

ヨガのこと
この記事は約4分で読めます。

5月14日に福岡県でも緊急事態宣言の解除が発表されましたが、当教室が使用している「春日市いきいきプラザ」は引き続き5月31日までは貸出中止となっています。したがって「春日いきいきヨガアワー」も5月31日まで活動休止となります。

ということで、再開は令和2年6月3日(水)からとなりますね。それまでは、あと2週間ちょっとの我慢です。ヨガがしたくてウズウズしてるかたもおいででしょう。もう少しです。

どういう自主練をしたらいいか迷う

私は活動自粛となって以来、ぜんぜんやる気がおきなくて、2月28日の教室以来、ずっとヨガをやってないと前にもブログで書きました。しかし、私のあたまも再開の日どりが見えてくると流石にヤバいと思ったみたいで、「そろそろヨガを開始しなければ!」と自分自身の尻を叩いて喝を入れることにしました。だって、6月3日に教室を再開したは良いけど、講師である私の身体がぜんぜん動かなかったり、指導ができなかったらみっともないですからね(汗)

さて、じゃぁ、どのようにヨガの練習をはじめようかと思ったとき、どんな練習をしたらいいかわからなくなっていました。練習の仕方?方向性?迷子みたいな感じです。ヨガアワーのシークエンスをやっていってもいいけど、どのシークエンスをしたらいいか?どのポーズをしたらいいのか?と選択肢が多くて迷ってしまったわけです。

そんなときに直観したのが「あぁ、こんなときにアシュタンガヨガしたらいいんだ!」って

私はアシュタンガヨガって習ったことないから(ってゆーかヨガアワー以外やったことない)今から言うことが間違っているのかもしれないけど、アシュタンガヨガってヨガアワーに比べて、いろいろなことが制限されています。練習方法や日時、ポーズの順番や呼吸方法、視線、力を入れるところなどがです。

アシュタンガヨガとヨガアワー

ヨガアワーは自由度が高いだけに、まぁそれが「近づきやすさ」でもあるわけですが、今回は私の場合、自由過ぎて練習方法に迷いました。アシュタンガヨガは自由度が少なくて明確に制限があるだけに一本道なので、こういうマインドの状態のときは練習方法として「適しているなぁ、便利だなぁ」って思いました。何も考えんでいいもん。「やれ!」って言われたことをそのまま何も考えず疑問をもたずにやったら良い。

いろいろなことを制限することで練習の質を洗練して精錬していってるのでしょうか。間違ってたらどなたかご指摘ください。

アシュタンガヨガのどの本にも書いてあったことなんですが、「本だけでやらずにちゃんと先生に指導をうけながら練習しなさい」って。私は、いろいろなことを習うよりも本で身に着けることが好きなので、これは私の度し難い性なので許してください。

ちなみに私がアシュタンガヨガの練習で参考にしている本は以下のものです。やってみたいかたは購入して挑戦してみてください。ちゃんとしたアシュタンガヨガを教えてくれるヨガ教室に通って練習してくださいね。

アシュタンガ・ヨーガ実践と探究 (GAIA BOOKS) Ashtanga Yoga: The Practice Manual アシュタンガ ヨガ ~初級・中級・上級(A&B)~

私もよく知らないんですが、このブログを読んでいる教室の生徒さんたちはもっと知らないと思うので、軽く説明します。アシュタンガヨガとはヨガの流派みたいなものです。特徴的なのはポーズの順番が最初から決まっており、ポーズからポーズへ途切れることなく流れるような動きに呼吸を合わせるフロースタイルのヨガです。パワーヨガの原点らしく、ハードでダイナミックなヨガなので世界中で人気のあるヨガのスタイルらしいです。

続くかどうかわからないけれど、毎朝、5時半に起きて練習することにしました。今日で五日目です。最初から頑張りすぎるとヘコタレてしまうんで、初日と2回目は太陽礼拝だけ。3回目からはスタンディングを少しずつ入れていきました。なんか社会復帰するリハビリみたい。

やっぱり、どのような練習であれ、やるのとやらないのでは大違いですね。だらしなく重たかった身体も少しずつ動かしやすくなってきました。どんよりした心も晴れやかにリフレッシュしていく感じです。つづくかどうかわからんけど、ブログに練習することを宣言することで継続のための錨とします。

ほーら、みなさんもだんだん練習したくなってきたでしょ?ウズウズしてきた?

「春日いきいきヨガアワー」は6月3日に開始します。その後は、今まで通り水曜と金曜の週2回です。じゃんじゃん通って、コロナのステイホームで失われた時間を取り戻していきましょう。ふたたび、みなさんと一緒に練習できることを楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました