遺伝子検査やってみた

プライベート
この記事は約6分で読めます。

数年前でしたっけ?十数年前でしたっけ?うろ覚えですが、たしか世界で初めて一般向けに格安で遺伝子検査のサービスを開始したのが「23andMe」だったのかな?たしか有望だということでGoogleが出資した会社だったと思います。今ではいろいろな会社が遺伝子検査のサービスを行っています。

私も前々から遺伝子検査っていうのに興味があって、いつかやってみたいなぁって思ってたんです。遺伝子に関する本もけっこうたくさん読んだし。でも、当時からどの会社も約3万円の費用がかかって高いなぁって思ってました。

マイコード ヘルスケア GeneLife Genesis2.0 ジーンクエストALL  ユーグレナ マイヘルス 

そうこうするうちに月日は流れ、久しぶりに調べてみたら「genequest(ジーンクエスト)」という会社が毎月抽選で3名のかたに無料でサービスが受けられるというキャンペーンをやってるじゃないですか!

これはイイ!と思ってさっそく応募したら、みごと当選しました♪

でも、これは、あやしい・・・。

じつは応募したひと全員当選してるんじゃなの??

ぜったい何か遺伝子情報も含む個人情報を収集にかかってるんじゃないかなーって思いましたが、ご存じの通り、こうやってブログに顔を晒しているくらいだから私はあまり個人情報の流出には頓着してません。

情報というのは隠すと弱みになりますが、晒すと弱点がなくなります。

まぁ、そういうわけでgenequestさんを信用して遺伝子検査の無料サービスもありがたく受けさせてもらいました。手順自体は簡単で、送られてきた解析キットに唾液を採取して送り返すだけです。でも、なかなかの量の唾液を泡なしに採取するのは骨が折れました。あとは、6週間後くらいにホームページ上で解析内容を確認できるというわけです。

検査内容は300項目以上もあり、健康リスクや体質などのシビアなものから何の役に立つかわからないようなオフザケのような項目もあります。例えば耳垢が湿りタイプなのか乾燥タイプなのかとかね。

ただし、このジーンクエストなどの簡易遺伝子検査はSNP(一塩基多型)を調べるものであって、単一遺伝子疾患や染色体異常などの遺伝子疾患がわかるわけではありませんので誤解しないように。

ジーンクエストでわかる項目は以下ページに記載されています。「検査項目

また、アメリカの有名女優さんが「乳がん」にめちゃめちゃなりやすい「BRCA遺伝子」の病的変異が事前にわかって切除したときのような遺伝的な要因が非常に強い疾病や「認知症」のような治療方法が見つかっていない疾病の情報は取り扱わないようにしているようです。でも別の会社の「マイコード」のほうには「アルツハイマー病」の項目もあるからこっちのほうが疾患の項目が多いのかな?マイコードのほうはちゃんと「APOE遺伝子」のSNPも判断材料にされているようなので、どうなんだろう??

以前のブログで紹介した冒険家遺伝子(DRD4-7R遺伝子)の項目もありませんでした。知りたかったなぁ。似たような性格の項目はありましたけどね。

アルツハイマー病 真実と終焉 細胞の中の分子生物学 最新・生命科学入門 DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か

今回、私が調べた遺伝子情報っていうのは、かなりの慎重に扱われないといけないようなのです。個人情報でもありますが、遺伝子情報は血縁者とも一部共有してるので、例えば「私は肺癌になりやすいです」とブログに書いたとしたら、私の親や子供もその可能性があるということで「知りたくなかった(知らないでいる権利)」とか、婚姻に有利不利に働いたりとか、さまざまな不利益が起こりえます。だから単純に私だけのことで済む問題じゃなくなるわけです。

でも、知ることで予防できるメリットってのはあります。糖尿病や心臓病、癌になりやすいとかいうのは遺伝子要因もありますが、生活習慣である環境因子の影響も強く受けるので、自分がそういう疾患のリスクが高ければ生活習慣を改めればいいのです。また、そのなりやすい疾患の保険を充実させるってのもアリなのでしょうか?詳しくわかりませんが。

さて、以上が遺伝子検査の説明でしたが、私の検査結果はどうだったんでしょうか?私の血縁にも関係することなのでシビアなものは書けませんが、差し障りがない項目はこのブログに書いても問題ないでしょう。

◎ 私の感覚からして両親とも癌家系ではないので、「がん」に関するリスクは少ないだろうなぁって予想してたんですが、やはりそうでした。ほとんどの「がん」の項目は低リスクでした。まぁ、予想通り。

◎ 耳垢のタイプも「乾いたタイプ」で当たってました。

◎ 筋肉の柔軟性は「低いタイプ」だそうです。ってことは私は本来は体が硬いのに運動習慣やヨガで柔軟になったということでしょうか?

◎ 性格としては「勤勉性」は高いタイプだそうです。なるほど私は勉強家なのか!ほかにも「情緒安定性」「外向性」「協調性」「開拓性」などの性格を表す項目がありましたが、私はどれも一般的だそうです。面白みに欠ける結果だなぁ。この「開拓性」という項目は冒険家遺伝子とは似ているようで違うんでしょうね。ちなみにジーンクエストで「開拓性」を調べているSNPのrs6265(BDNF遺伝子)は、ググってみると「高齢になってからの論理的思考」も表しているそうです。遺伝子検査の会社や解析方法や用いている文献が違うと結果も違うのかもしれません。

◎ あと私は「海馬容積」が大きめのタイプだそうです。なんか以前、イギリスのタクシー運転手は長年の仕事で海馬が大きくなっているらしいとう記事をみたことがあります。たしかに、私は小さい頃から地図が好きだったり、道に詳しかったり一度覚えた目的地への最短ルートを頭の中で描くのが得意なほうでした。

◎ 「忍耐力」は高めなタイプらしいです。ほんとかいな??結構、熱しやすく醒めやすくて飽きっぽいけどね。

◎ アルコールの強さを表す「アルコール赤面反応」は「飲酒によって顔が赤くなることはほとんど、あるいは全くないタイプ」だそうです。まぁ、近ごろとみと弱くなりましたが、割とお酒は好きだし当たってるかなって思います。

◎ 「就寝時間」は遅めのタイプです。まぁ、そうかな。

◎ 「乗り物酔い」にはなりにくいタイプだそうです。それは間違いない!船酔いもしたことなし、電車もバスも進行方向と逆向きに座っても全然大丈夫です。

◎ 「聴力」も高めのタイプ。自覚はないけどね。

◎ 「英単語を正確に発音する能力が高いタイプ」らしいです。ほんとかよ!超下手くそなんだけど!

◎ 「旨味感受性」も「塩味感受性」も高いタイプらしいです。まぁ味には頓着しませんが味覚は昔から自信ありです!好き嫌いはまったくなし!

◎ 「痛みを感じやすいタイプ」らしいです。小さい頃は注射も歯医者も苦手だったです。今は痛みは好きになってきたけどそれは経験や認知発達の問題かな。

どうでした?いやいやあんたの特性なんか興味ないよって??まぁまぁ

他にもたくさんのどうでもいいものから、シビアなものまでありますが、性格占い程度のことしかわからない感じもしました。もしこの検査がタダじゃなかったらたぶんやってないと思います。3万円も払う価値あるのかなと。まぁ、それは私の場合は深刻な「何か」が無かったからだと思います。もし、深刻な「何か」がこの検査で判明したのなら2万円くらいの価値はありそうです。それは結果論ですけどね。

このキャンペーンが全員当選するかしないかを調べるために、家内も応募させてみましたが落選してました。ということはそれなりに私は幸運だったということなんでしょう。もっと詳しく遺伝子検査について知りたかったらヨガ教室のときに聞いてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました