第10回 ヨガ教室レポート(R1/5/22)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約2分で読めます。

今日もヨガの練習、怪我もなく無事に終わりました。本日、春日いきいきヨガアワーに来てくれた勇気ある戦士の方々ありがとうございました。

メンバーの男女構成比が変わってきた

本日は5名の参加でした。私のダブルダッチ仲間が同僚のかたを2人紹介してくれたので、新規のメンバーも含めて5名でした。3月からこのヨガ教室を始めて、いままでずーっと、男性のほうが多かったんですが、ここにきて先週から男女比が逆転しました。今日にいたっては男性の参加者は一人で、あとは女子です。ほぼハーレムです。男性陣諸君!負けてられませんよ!!(と、煽ってみる)

アームバランスにチャレンジするのも楽しいよ

今日のシークエンスは前半を軽めにして、後半に難しいアームバランスを3つ入れる予定でしたが、ペースが追いつかずに2つしか入れれませんでした。どうでしたか?難しかったですか?3つにしてたら死んでましたよね(笑)こういうチャレンジなポーズが混じってたほうが楽しいですよね。そして目標にもなる!

ほんとはこういう難しいポーズも簡単になるように導いていくのが、良い指導者なんだろうけど、まだまだ私の修業が足りませんでした。わかりにくて逆に難しくしてしまって申し訳ないです。

アームバランスは一見、筋力を使う力技なような気がしますが、実はあまり筋力は使わずに「テコの原理」と「重心の制御」がコツみたいです。その両方を上手く使いこなすには柔軟性と体幹筋と研ぎ澄まされた感覚が必要となってきます。それらの能力は、シークエンスを繰り返し地道に練習していくことでおのずと身についていくので心配しなくても大丈夫です。でも、本当はヨガって「そのポーズができるかできないか」が重要ってわけじゃないみたいですよ。

次の教室が近づくと憂鬱になる

水曜日のこの時間が終わると、私は心がスッキリします。「やっと終わった―」っていう解放感です。そして、また来週の水曜日が近づくにつれて憂鬱になります。毎回、書いてますが「うまく教えれるかなぁ」と心配になり、そして私の苦手な「人前に立って教える」ってことの緊張でそうなるのです。そのことを嫁に言うと「なら、せんどけばいーやーん」っていわれます。でも、世の中には嫌なことでも自分の成長のためには、やならければならないことってありますよね。そして、そういう何かにチャレンジするパパの姿を子どもたちに見せていきたいっていう気持ちもあります。はやくヨガティーチャーっていう自分の姿に自信が持てればいいけどなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました