第84回 ヨガ教室(R2/8/5)と活動休止

教室運営
この記事は約4分で読めます。

今週は8月6日(木)に急きょ、ヨガ教室の「活動休止」を判断し、みなさんにLineでお知らせいたしました。突然の活動休止でご迷惑おかけします。なので、今週は水曜のみの練習で金曜はキャンセルとなりました。金曜に予約を申し込まれた方々、申し訳ございませんでした。

活動休止の理由といたしましては、①コロナ感染者が身近になってきたこと(医療関係者なので)、②「福岡コロナ警報」が発動されたことが表向きの理由です。しかし、より大きな理由として、私自身の社会的身分を守るためでもあります。一応、これでも病院職員なので、今の時期にそれなりの人数の集まるグループ活動をおこなうことは、クビを賭けた行動になります。連日、新規感染者が100人越えしているなかでサークル活動をするのはちょっとリスキーかなと。家族を養っていく身としては・・・。

まぁ、それでも、今回はできるだけ早く活動再開したいと思っています。前回の活動休止が3か月間でしたが、今回は8月の終わりくらいには再開できたらいいな、と希望的観測。福岡県の新規感染者が100人を下回ったら再開したいなぁーって感じですけど、もうこのままずーっと100人越えしたままだったりして・・・(泣)

さて、今週水曜の「春日いきいきヨガアワー」は8名で練習しました。いつもながらハードなヨガアワーですがめげずに一緒に練習してくれてありがとうございます。

水曜のWODは「クラッチ」でした。クラッチって車のね。オートマ限定のひとは何のことが言いたいのか伝わらなかったかもしれません。マニュアルで免許をとって日頃からMT車を運転している人は私の気持ちがわかるかもしれません。クラッチはエンジンの動力をギアを介して車輪にどれくらい伝えるかを調節しています。私にはヨガって何かクラッチに似ているなぁって思ったことをお話ししました。ある不愉快な事象(知覚入力)があったとしても、クラッチを調節することで情動(感情)まで伝わらないようにするみたいことです。また、精神面だけでなく、身体面においてもクラッチはあります。つねに人間は動かなくても生きている時点でエンジンはかかってるわけで、そのクラッチをコントロールすることで動力を50%伝えたり、100%にしたり、静止させたりしているのかなって思います。ヨガの練習をすることはそのクラッチのコントロールが上手になっていくような気がします。ほとんどの人(ヨガの練習をしていない人)は、AT車なのでアクセルとブレーキだけで調整していることになります。めんどくさいクラッチがないので便利な反面、微調整が利かずエネルギーのロスも多いです。まぁ、MT車の場合はエンストもおこしますけどね(汗)

クラスの内容はシークエンス5でした。今回、はじめて登場させたポーズは「arm pressure pose」です。どうしてこのポーズが登場したのかというと、私が最近できるようになったからです。前まではできなかったんです。だから削除してました。足が組めなかった。足が届かなかった。脚が短いのにくわえて、太ももが太いので組めないんだろうなーって思ってました。だから、それ以来ずーっと練習してなかったんです。

でも、最近、久しぶりにこのポーズの存在を思い出して、ちょっとやってみたらいつのまにか足が組めるようになってました。まさか、もしかして、40歳にして今ごろ身長が伸びて脚が細く長くなったのかな??

ってのは、ないとして、たぶん股関節が柔らかくなったからだと思います。

ヨガアワーではよくこういうことがおこります。特定のポーズそのものを練習したわけでもないのに、いつのまにかそのポーズができるようになっているってことが。そのポーズができるための条件をヨガアワーにでてくる他の様々なポーズを練習することによってどんどん満たしていくってことです。不思議ですよね。

そして、クラスの最後ではヨガアワーのシラバスのなかにもまだ私ができないポーズがたくさんあるってことをお話ししました。まだ、できないことがたくさんあるってことは幸せなことです。これからもみなさんと一緒に練習して、みなさんと一緒に少しずつ快適にとれるポーズが増えていったらいいなと思います。

次回はまだいつになるかわかりませんが、それまで体調を崩さないようにテキトーに自主練でもしといてくださいね。いまはYouTubeとかZOOMとか、ヨガの動画がいっぱいありますからね。どうしてもヨガアワーがやりたい人はhibiyogaでオンラインやってますよー♪ぜひ

コメント

タイトルとURLをコピーしました