第85回 ヨガ教室レポート(R2/8/19)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約3分で読めます。

今日は2週間ぶりの「春日いきいきヨガアワー」です。8/5の練習から再度活動自粛とし、お盆もかさなったので2週間あきました。やっぱり練習しないとダメですね。身体がだるんだるんで、ここのところずっと動きが重くてだるかったんです。お盆中は自堕落な生活でしたから…。こうやって「春日いきいきヨガアワー」がないと練習しないダメなヨガ講師です(泣)自主練するつもりだったのに…。

今日は新規1名をくわえた合計8名で練習しました。みなさんが来てくれるおかげで私もどうにか練習を継続することができてます。ありがとうございます。

男性大歓迎!男性が通いやすい!

新しく体験でこられたかたは男性で、私としては男性のヨギがふえてとても嬉しい限りです。そのかたもおっしゃっていましたが、やっぱり普通のヨガ教室は例え「女性専門」と謳ってなくても、はっきりと「男性歓迎」と明記してない限りは入りずらいようです。うちの教室が、ヨガをやりたいけど女性だらけで通いずらいっていう男性の受け皿になれたら良いなと思います。

あと、今日は2カ月ぶりくらいに来てくれたかたもいました。イイですね。そういうの。ふらーっと、ふうてんの寅さんみたいにやってくるの。久しぶりでも行きやすい教室にしたいですね。敷居が低い場所。私自身があんまりストイックにヨガをやってるわけじゃないので、テキトーでいーんじゃないっすかねー♪みんながみんな同じテンションでやってるわけじゃないですから。押し付けたりするの嫌だし。真面目にやりたいひとも暇つぶし程度のひとも自由に参加不参加を決めてください。

今日の言葉(WOD)は「全体」でした。私は「全体は部分の総和ではない」っていう言葉が好きです。西洋科学は何かを理解するときに、なにかと分割したがります。何っすかね?還元主義っていうんですかね。解剖学とか良い例です。器官が単体で働いているわけじゃないのに一つの筋とか骨に分解したり、細胞に分解したりして身体を理解しようとします。べつにそれが悪いわけじゃないですが、でも結局分解して、その単体の作用を知ったからといって全体が理解できるわけではありません。おそらく生命は自己組織化した複雑系の範疇にあるからだと思いますが。ヨガはそういう還元主義的なものとは反対のところに位置すると思います。いわゆるホーリズムってやつですかね?ヨガアワーも一つ一つのポーズ(部分)を繋げてシークエンス(全体)をつくっていってはいますが、しかし、それが単純にポーズの集合体となっているわけじゃないです。ひとつのシークエンスにはポーズがただ集まった以上の「何か」が含まれていると思います。まぁ、その「何か」っていうのをヨガアワーの練習を通して、みなさんに伝えていけたらいいなと思います。ちなみに私もその「何か」ってのが何なのかはわかりませんけどね。そこらへんはテキトーです。

今日の内容はシークエンス4でした。膝立ちが多くてマットが薄いと膝が痛いヤツ。今日はみなさんキツかったと思います。3つあるアームバランスを一つも抜かなかったし。でも、私がやりたいシークエンス4はホントはもっとキツイんです。その地獄のシークエンス4がいつかみなさんと練習できたらいいなぁ。それにしても、春日いきいきヨガアワーに通ってくださる生徒さんはMが多いんですかね?まぁ、そういう無茶なヨガ教室が一つくらいはあってもいいハズ♪

世界は分けてもわからない 風の谷のナウシカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました