第86回 ヨガ教室レポート(R2/8/21)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約3分で読めます。

今日も「春日いきいきヨガアワー」にお越しいただいた9名のみなさま、一緒に練習してくれてありがとうございました。最近は、よく久しぶりのメンバーがこられます。半年以上あくことがあっても、一度ヨガアワーの気持ちの良さを知ってしまったら、またヨガアワーが恋しくなってしまいます。いや、めっちゃキツイんですけどね(汗)

今日は、19時にドアオープンしたのはいいんですが、シークエンス集がないことに気づいて、急いで家にとりに帰りました。教室にポツンとお留守番させてしまった方々申し訳ありません。シークエンス集が無いと何もできなくなるんで…(汗)

ヨガアワーの指導者は皆、あの橙色のシークエンス集をみながらクラスを進めていきます。クラス中はカンニングみたいにちょろちょろ覗いています。決まったシークエンスがあるということは指導者のクラス作りの負担を軽くしてくれます。そして、ポーズの順番を暗記しなくて済むのでエネルギーをインストラクションだけに集中することができます。

シークエンス集にオンブに抱っこなので、それが取り上げられると私は何もできなくなるのです♪

今日の言葉は「腸」でした。腸活って言葉が一時期流行りましたよね。ヨガも腸活のひとつだと思います。私はヨガを始めるまえは職業柄、運動となるとすぐに「筋肉、骨、脳、神経」に思考が向いちゃいます。しかし、ヨガをするようになってヨガがすごく腸(を含めた内臓)に影響を与えていることを体感するようになりました。ポーズをとっているあいだはガンガン内臓に意識が向いて、そのうち臓器の位置を変えることができるようになるんじゃないかいなーって時々思います。もう、いつでも好きなときに○ンコを出せそうってな具合です。そして、今日は腸とセロトニンのお話をしました。身体が動けば、腸も動く。腸が動けば心(セロトニン)も動くというわけです。ヨガアワーは宇宙遊泳のように臓器を上下左右に揺さぶり動かしますから。

今日の内容はシークエンス2でした。水曜日がちょっとキツ過ぎたので、今日はちょっと手加減しました。私も水曜日の練習のせいで体調が悪いくらいです。それでも今日もきつかったです。きつくて練習中みんなの顔がひきつってました。「みんな顔がひきつっとーよー、表情を柔らかくして~」みたいなことを言わないと力が入っていることになかなか気づかないものです。「いや、あんたがキツイことさせるからだろーが!」って声がきこえてきそうです。しかし、練習中も自分自身が「普通に呼吸をしているか」、「緊張してないか」を常にモニタリングしなければなりません。それも練習です。

「はーっ、このポーズきつかったー」って思って、つぎのポーズは何だろう?ってシークエンス集を覗き込むと、そこで愕然とします。「revolved half moonやん!地獄っ!鬼っ!」みんなに申し訳ない気持ちになります。

でも、どんなにきつくても、最後はスッキリした気分になります♪それがヨガアワー♪

筋肉痛な週末をお過ごしください。また来週もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました