夏の終わりは初崎キャンプ場

プライベート
この記事は約3分で読めます。

久しぶりのプライベートなブログです。

9月の連休(敬老と秋分の日)は、いつも家族ぐるみでつるんでる仲良し3家族でキャンプに行ってきました。

ほんとは9月の上旬に九重の「泉水キャンプ場」に行く予定だったんですが、当日、朝早くに出発したんですが、途中、386(国道)の筑前町にさしかかったところで車が故障してレッカーになってしまったんです。みんなガッカリ!

ずいぶん前から子どもたちはめちゃめちゃ楽しみにしてたんです。それを完全に中止にするのは可哀そ過ぎるということで、急きょ、うちの庭でキャンプ場でするはずだったバーベキューをすることにしました。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン+USB ACアダプター ブロックス BJV44

まぁ、それはそれで楽しかったわけです。明るいうちは庭でBBQして、暗くなったら家のなかにはいってホームパーティーです。みんなでスーパーファミコンしたり、ボードゲームで遊んだり、深夜まで食べては飲んでのドンちゃん騒ぎでした。子どもたちの溜飲も下がったと思います。

そしてその一週間後に車の修理が無事済み、3家族キャンプのリベンジをしたのです。でも、このご時世。コロナ禍のおかげでどこのキャンプ場も予約でいっぱいでした。九重や久住周辺のキャンプ場はどこもいっぱい。みんな密を避けてアウトドアという魂胆なんでしょうか。そして、いろいろ電話しまくってどうにか空きがみつかったのが、以前ブログで紹介した長崎県松浦市の福島にある「初崎キャンプ場」でした。

山キャンの予定だったのが、海キャンになりました。でも、せっかく海の近くのキャンプ場なので、今年最後の海水浴をしよう♪そして魚釣りもしよう♪ってことになりました。先週、BBQをしたのでもう肉はイイや。釣った魚と地元の野菜で天ぷらをしよう♪こりゃキス天だな(よだれ)

でも、釣果はゼロ!(泣)

そんなこともあろうかと、朝、島の入り口にある直売場で新鮮な魚を買っていたのです♪

なにも知らずに買った「エソ」と「マゴチ」。実はこれがめちゃめちゃさばき難いということが他のキャンプ客の情報より判明!それもでっかいのが3匹!ママたちは「エソ」と格闘し、私は責任をとって「マゴチ」と格闘しました。もう、血とかウロコがビシャー、バシャーって服に跳んできて気持ち悪い。ちなみにこのキャンプ場は風呂が無い!この服のまま寝らないかん!うげー

でも初めてにしては上手くマゴチを三枚におろして、それをぶつ切りにして天ぷらにしていただきました♪「エソ」はホロホロ、「マゴチ」は丁度いい弾力のあるプリプリでとても美味しかったです。

きれいな海と夕日を見わたせる芝のキャンプ場で、ビール片手に天ぷらを揚げて、デキたてを頬張る。子どもたちは仲良く周辺を駆け回り、気の知れた仲間たちと団らん。こんなに楽しんでもキャンプは1500円!金がなくても仲間がいればそれだけで楽しいよね♪

 

周囲のキャンパーたちが寝静まったころ、真っ暗闇のなか、そーっと、みんなで浜にでて、星の観察にいきました。闇夜の砂浜は肝試しみたいにドキドキ。でも星空はきれいで天の川も見える。流れ星も4つみつけました。子どもたちは初めてみる流星に興奮し感激した模様。

今回、子どもたちは初日も翌日も海水浴を楽しんで、はじめての魚釣りも経験できました。夏の終わり(秋??)のいい思い出になったかと思います。次はどこのキャンプ場がいいかなぁ♪

帰りは、途中にある「玄海海上温泉パレア」で海水まみれになった体と油まみれになった体とウロコと血の付いた体をヌルヌルすべすべの温泉できれいさっぱり洗い流しました。ここの施設はきれいでお湯もいいのでオススメです。めちゃめちゃ気持ちよかった~♪それにレストランの料理も美味しかった~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました