第96・97回 ヨガ教室レポート(R2/9/30・10/2)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約4分で読めます。

今週も水曜と金曜の「春日いきいきヨガアワー」に参加してくださった方々、一緒に練習してくれてありがとうございました。便宜上、ヨガ教師として教室のまえに立ってはいますが、ヨガについては私もわからないことがたくさんあります。なので手さぐり的にみなさんと一緒に練習し、勉強していっている次第です。だから目の前で練習しているみなさんが私自身の鏡であったりもします。

水曜日(9/30)は8人で練習しました。内容はシークエンス22で、WODは「腰痛」でした。前代未聞、その日はWODにリクエストがありました。ほんとはWODが決まってたのに、その方が教室にはいってくるやいなや、今日は「腰痛」で喋ってくださいと。なにこれ?WODってお題をだされて、それについてお喋りする制度だったの?

いえ、違います。Word of the day(今日の言葉)はヨガアワーのなかで明確にその目的が定められています。そして、その言葉が練習に組み込まれなければなりません。

とは言いつつも、もう、しょうがないので急きょ「腰痛」をWODにかえて即興でお話ししました。

いつも新規でこられたかたには、まずアンケートにご協力いただいているのですが、そこでもやっぱり「腰痛」を抱えているかたは多いです。それくらい腰痛というのは現代人とって重要な懸案なんでしょうね。臨床でよく遭遇するケースや私の腰痛経験談など交えてとりとめのないお話をしました。

そのかたは腰痛があるのにヨガアワーにきてくれて、自分自身で手加減しながら練習をおこなってくれていました。教科書的にはヨガアワーをやっちゃダメだと思います。しかし、翻って怪我や病気というのは結局、自分自身について学ぶチャンスだとも思います。ヨガはその自己探求のためのエネルギーを助けてくれます。そうじゃないですか?怪我を怪我で終わらせないためにね。ピンチはチャンスみたいな♬

まぁ、でもそれは自分自身が決めることです。

この日、なぜか私は心に余裕がありませんでした。だからなのか、ヨガアワーの指導にも何かしら余裕がなかったような気がします。もうすぐ「春日いきいきヨガアワー」を初めて100回目になります。どれだけ練習したら余裕ができるのかな?まだまだ道のりは遠いようです⁉

金曜日(10/2)は10人で練習しました。内容はシークエンス9で、WODは「短い」でした。

9月に入ってから、たびたびうちの奥さんが練習に参加してくれます。そしていろいろ文句をいいます。「音楽が煩いっちゃない?」とか「声が大きすぎるっちゃない?」とか「WODが長いっちゃない?あんたのお話しよりも、みんな早く体を動かしたいっちゃない?」などなどです。まぁ、いろいろこっちも言いたいことはありますが、たしかにWODは長いかも。本来、1分半か2分くらいの長さでまとめるべきWODを、調子にのって5分近く話しているときもあります。もう、みんなウンザリしているはずだ!ということで、WODは「短く」、ポーズのキープ時間は「長く」を合言葉に、その日の練習を始めました。

キープ時間はいつもよりも長く、ゆったりめに余裕をとったのでポーズ数は少なめ。みなさん筋肉痛になりませんでしたか?水曜日は余裕がなかったけど、金曜はゆっくり余裕を持つことを意識して練習しました。

キープ時間が長かったから、バランスを崩して倒れるひともたくさんいました。そうなふうになるのをみるのは楽しいものです(笑)そして、それがだんだんと練習を重ねるにつれて倒れなくなる様子をみるのも楽しいもの。

最近ずっと、練習風景の写真を撮ってませんが、よく練習にきてくださるお二人から次のような意見をいただきました。「自分がおもっているポーズと、じっさい写真でみた自分のポーズは違う」と。だからお二人ともブログの写真で自分のポーズをチェックしているとのことです。

やっぱりねー♪教室の風景写真ってそういうふうに役に立つよねー♪

写真だけじゃなくて動画もとろーかなー♪

教室の方針や運営や諸々のことは、手探り的にやっていってます。なので練習に参加してくださるかたがたが、こうやって意見や感想を述べてくださるのは非常にありがたいです。直接でもメールでもLineでも、なんでもいいのでご意見をお聞かせください。クレームがなくなったお店は終わりだって言うしね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました