第100回 ヨガ教室レポート(R2/10/14)

教室運営
この記事は約3分で読めます。

記念すべき第100回目の「春日いきいきヨガアワー」にお越しくださった7名の方々、今日も一緒に練習してくれてありがとうございます。

「春日いきいきヨガアワー」の第1回目は令和元年3月6日に6名から始まりました。その6名のなかの唯一の生き残りのメンバーさんから100回記念のお祝いに、花束とメッセージをいただきました。めちゃめちゃ嬉しかったです♪また、参加回数トップと2位のかたもいつものようにおいででした。100回中83回もきてるんですよ!トップを独走です。2位は100回中53回です。こんだけ練習してたら体力つきまくり♪

100回目だからといって特に何をするわけでもなくふつーにたんたんと練習をする予定だったんですが、せっかくお祝いをいただいたので、ヨガアワーが終わったあと、みんなで記念に写真をとりました。この日、はじめて教室のみなさんと一緒に集合写真を撮ったんですよ。ツリーポーズで。私にとって大切な思い出の写真になります。だって、この日は男性が私ひとりだったんで美女に囲まれたハーレム写真ということになったのですから♪この写真はあとで、来てくださった方々にLineで送りますね♪

自由参加でドタキャン上等のヨガ教室がよくもまぁ100回も続いたものだと、我ながら感心します。メンバーがあつまらなくていつ解散になってもおかしくないようなテキトーさだったんですから。でも私のなかには、ちゃんとした計算がありました。できるかぎりしっかりと広報を行っていくことです。そして、新規の生徒さんをある一定数、確保できれば、みんなが好きなときに休めると思ったからです。分母が多ければそのうちの誰かが練習に参加でき、休む人が多くても教室運営は成り立つということになります。いまも何とかそれで教室はギリギリ成り立ってます。

それと、そもそも「ヨガアワー」のコンセプトがしっかりしていたことも続いた要因だと思います。「近づき易いこと」、「手頃な価格であること」、「的確な指導をすること」、「地域住民の永続的な練習をサポートすること」がモットーで、さらにそこには「三方良し」の理念が流れていると私は踏んでいます。だからこそ、みなさんのなかにヨガアワーをするための強い動機が生じたのではないかと想像します。

まぁ、そうはいってもヨガアワーの運動強度は結構強いから、「やさしいヨガ」を求めてこられたかたや「オーム」が受け入れられないかたもなかにはいらっしゃったでしょう。本来、運動強度の低いクラスも用意すべきだったんでしょうけど、なにぶん私も忙しい身なので週2回のクラスを設けるのが精いっぱいなのです。だから「やさしいヨガ」は近隣の他のヨガ教室にお任せします。

今日は新規のかた1名を含めた7人で練習しました。内容はシークエンス2でWODは「三方良し」。予告していた通り練習風景の写真もいっぱい撮りました。コロナの影響もあって3か月ぶりに参加されたかたもいらっしゃいました。久しぶりだけど定位置で練習されている姿は、私に安心感を与えてくれます。今日で4回目のかたも、だんだん練習に慣れてきたみたいで「日頃運動してないからせめてこれだけにはこないと」みたいにヨガアワーをうまく活用してくれています。初参加のかたもヨガアワーをうまく生活に組みこんでいただけたらと思います。

私的には今日はポン!ポン!ポン!とリズムよくシークエンスをすすめていけました。予定してたポーズ数を一つも抜くことなく時間どおり。ポーズ数は多めでキープ時間は短めだったから、そこまできつくなかったんじゃないかな?と思ってたんですが、どうなんだろ。「今日はきつかった!」とか「バランス系が多かったね」とか終わったあとも感想をいただいて、みなさんスッキリした表情。和やかな雰囲気で練習をおえました。200回目もこうやって和やかに迎えられたらいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました