第122回 令和3年のヨガ初め(R3/1/6)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約3分で読めます。

先週の「春日いきいきヨガアワー」にお越しくださったみなさま、一緒に練習してくれてありがとうございました。当教室は1月6日(水)がヨガ初めだったんですが、年末年始のあいだずーっと身体を動かしてなかったから、久しぶりの運動で全身筋肉痛が4日くらい続きました。でも、そのキツさや筋肉痛の痛みが心地よく気持ち良かったです。

そして水曜じゃなくて金曜がヨガ初めの予定だった方々、積雪のためクラスが休講になってしまって残念でした。北日本の方々にとってはたいしたことのない積雪量だったんでしょうけど、雪の少ない福岡では数年ぶりのまとまった積雪だったので、いろいろなところでてんやわんやでした。私もいつもはバイク通勤なんですが、その日は電車通勤でした。休講になってしまったのは残念でしたけど、たまには雪もいいもんですね。雪景色がきれいだったし、子どもたちも雪遊びが経験出来てよかったです。いい思い出になりました。

さて、今年の一発目は新規2名を含めた11名で練習しました。内容はシークエンス101-4でWODは「アーサナ」です。アーサナってのはポーズのことですが、いろいろなヨガの本には「坐法」で訳されてます。そうなると立位のポーズも寝て行うポーズも「坐法」となってしまって変な訳になってしまいます。ですが、べつの本によると「アーサナ」の「as」は元々は「be動詞」の意味である「在る」や「~ある」を意味する語根があったそうです。そこでサンスクリットの場合、主語は略されるらしいので、○○アーサナという名前はそのまま「私は○○である」ということになります。たとえば、ブジャンガアーサナだったら「私は蛇です」といっているような感じです。なのでポーズをするときは象形である名前のものに成りきらないといけません。

ジャッキーチェンだって「蛇拳」とか「蛇鶴八拳」みたいな象形拳や形意拳のときもその動物に成りきっとるやん?そのほうが強そうやし。ただエクササイズをやってるわけじゃなくて、せっかくヨガをやってるんだからイメージの力も利用するほうが効果的な気がします。とかいいつつも私はいまだにポーズの名前をちゃんと覚えてません(汗)

私の場合このシークエンスは脇腹らへの筋肉がおもに筋肉痛になります。ってゆーか、私はヨガアワーをやって筋肉痛にならないことはないです。汗もぜったいでます。初心者のかたはみんなのポーズを真似して流れに追いつくだけで精一杯かもしれません。最初はそれで全然いいと思います。そして何回も練習に参加するうちに、だんだんとポーズの形を覚えてきます。そしたら次は筋肉を引き締めるように言われたところは引き締めていくようにしましょう。でも、もしそのとき呼吸が止まっているようであれば、引き締めるよりも呼吸を優先させましょう。もしかしたら息を止めていることに気づいてないことだってあります。まぁ、そもそも初心者のかたは練習につづけて参加するだけでもスゴイと思います。

ここでちょっとお知らせですが、次回、令和3年1月13日(水)は2階の「健康指導室」であります。どうしてかというと、いつもの場所がべつのサークル??に押さえられてしまってたからです。まぁ、2月からはそこの場所になるので事前確認ができていいんですけどね♪みなさんもいつもと違う気分で練習できるので新鮮なんじゃないでしょうか。でも、いろいろ不手際があるかもしれませんが、そんときはよろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました