第123・124回 ヨガ教室レポート(R3/1/13・1/15)

健康について
この記事は約4分で読めます。

今週は福岡県でも緊急事態宣言が発令された慌ただしい1週間でした。そのように不安定の状況のなか水曜と金曜の「春日いきいきヨガアワー」に参加してくださったみなさま、一緒に練習してくれてありがとうございました。練習時間や定員の変更などありますが、一応、来週も頑張ってクラスをつづけていきたいと思っていますので、参加できるかたは一緒に練習頑張りましょう。来れないかたもYouTubeとかZOOMとかに優良なヨガのレッスン動画がたくさんあるので自宅が頑張ってくださいね。

さて、水曜(1/13)はいつもの多目的室がべつのサークルにとられてしまったので、2階にある「健康指導室」でやりました。春日いきいきヨガアワー始まって以来、はじめての場所替えです。なのでWODも「変化」でした。いつもと違って練習している風景が変化してるし、床材もいつもと違います。いつもよりも広い空間にその日は5人でした。贅沢ですねぇ~♪密じゃないけんいーやーん♪多目的室以外でヨガアワーを指導するのが初めてなので私もドキドキでした。シャバアーサナのときとか電気のスイッチが多すぎて消したりつけたりすのがめんどくさい。でもそんなこと言ったって来月からこの場所でしますからね。いつもよりも音楽が小さく聞こえたらしい。たまには違った雰囲気でヨガアワーするのも良いですね。

来年度から「いきいきプラザ」も貸出部屋が少なくなるので、いろいろなサークルとの場所取り合戦になります。水曜と金曜の19~21時の時間帯は絶対にうちらが死守しますので夜露死苦!!

内容はシークエンス101-6です。はじめてしました。バランスが良いシークエンスって感じがしました。今回の特徴はランジから「one hand arm pose」に入るときに難しいやりかたで入りました。柔軟で、かつ腹筋を使わないと入れません。ポーズもいろんな入り方があるのでヨガアワーは飽きませんよね。

金曜(1/15)は緊急事態宣言後なので、この日から定員を10名にしました。その日は以前から参加されてた方がそれぞれ旦那さんを連れてきてくださったので新規2名を含めた9名で練習しました。なので、この日は夫婦で参加されたペアが3組もいらっしゃいました。夫婦仲がよくてとても素敵です。子育てが落ち着いたり、子どもが独り立ちして家を出たあとは夫婦で過ごす時間もながくなりますからね。それで夫婦で共通の趣味やスポーツをはじめるかたが多いようです。私にとっても練習に参加してくださる方々は人生の先輩が多いのでいろいろと勉強になります。まぁ、私の場合、子育てが落ち着くのはもう少しさきの話しですけどね。

また、夫婦で参加されたり、伴侶をヨガに誘うということは、お互いの健康を気遣っているということなのでしょう。それもまた愛のカタチだと思います。妻は夫の身体を心配し、夫も妻の身体を心配するということ。病院で働いていると患者さんのなかには、それぞれの妻や夫の介護をしている老夫婦をよくおみかけします。その光景は私たち夫婦の将来の姿でもあります。私が妻の介護をするかもしれないし、その逆かもしれません。ということは、今のうちから私も妻もそれぞれの健康に対して責任をもったほうがいいということになります。まぁ、それは私がヨガを始めたキッカケでもあります。私もヨガをはじめたときは妻と一緒に通ってました。私は早めに先手を打っておく主義なのです。30代後半で老後の健康のことを考えてました。「長期スパンは慎重に、短期スパンは大雑把に」が私の主義の一つです。

そしてそういうヨガ教室を作りたかったというわけです。それには男性も気軽にこれること。1回の参加費が安いことが条件。でないと夫婦で生涯つづけられませんからね。ヨガ教室が1回2000円もしたら、たとえば週1回でも二人で月16000円以上かかるんですよー!!それがどんなにヨガが心と身体の健康によかろうと毎年20万近くかかっちゃー続けられませんよ。ぶっちゃけ、ヨガなんて家でやろうと思えばタダでできるもんなんだから。マットさえあればいいし。健康づくりにお金なんてかけるもんじゃないと思います。

ここいいなぁって思ったのは「成瀬ヨーガグループ」という教室です。主催者が生徒さんたちに長く続けてほしいって思ってるから月謝がどんどん安くなるシステムを採用しています。また東京なのに料金設定が親切です。でも経営者としてはツライと主催者の著作に書いてありました。でもそういう考え方がなんかロックでハードコアっぽくて好き。きれいでおしゃれなヨガや仏教よりも、混沌として汚くてハードコアっぽいもののほうがカッコいい。

おっと、話が変な方向にいっちゃいました。

その日の内容はシークエンス17です。年末にした太陽礼拝が入っているシークエンスです。その日、最高齢の男性参加者さんから「死ぬかと思った」をいただきましたー♪

はい、私も大野城のhibiyogaで何回も死にかけましたからその気持ちはわかります。

でも、くれぐれも頑張りすぎないように注意してくださいね。お歳がお歳なので( ´艸`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました