第137~139回 ヨガ教室レポート

春日いきいきヨガアワー
この記事は約3分で読めます。

   

またもや久しぶりの投稿です。

やっとヨガアワーに適した気温となってきました。汗をかかなければヨガアワーじゃない。汗だくでマットがビジョビジョになるくらい動きましょう。指示をひとつひとつ言葉通りにやっていったら嫌でも汗だくになります。私のマットは安物なのでめちゃめちゃ滑りやすくてダウンドッグの角度が浅くなります。でも、それでも耐える!

3/5(金)と3/10(水)と3/12(金)の練習に参加してくださったみなさん、一緒に練習してくれてありがとうございました。

第137回(3/5)は、あとでみなさんの感想によるとめちゃめちゃきつかったらしいです。その日は新規1名を含めた14名で練習しました。メンバーのかたが高校生の子どもさんと一緒にきてくださったんです。高校生といえば一番体力のある盛りですよね。ヨガアワーを楽しんでくれたかな。いつもきてくださるメンバーのかたも高校生に負けないように頑張りましょう。若さをとりもどすのがこのヨガ教室の目的でもありますから♪

この日の内容はシークエンス4でした。今回は初めて「tree sage」というポーズ群をやりました。サイドプランクの脚をツリーにしたやつね。みなさんできました?もう、阿鼻叫喚の図になってましたよ(笑)

第138回(3/10)から、再び19時30分開始に戻りました。そのために場所を2時間おさえてるのでこの日から会費が800円に値上げとなってます。そして、ちゃんとした時間帯に戻ったので今まで省略していたWOD(Word of the day)とAUM×3回を復活させました。復活1発目のWODは「余裕」です。クラスの前後に30分の余裕ができると心にも余裕ができて指導にも余裕ができて、それがみなさんにも伝わるっていう感じ。心の在りようは他人にも伝わりますから。臨床ではそれが陽性転移や陰性転移となり、治療やセラピーを促進させもすれば阻害もしますよね。

時間に余裕があるので、参加者さんと会話もできるし、質問もちゃんと応えられるし、解剖学的なウンチクも話すことができます。ちなみに今回は「手首の豆状骨」のお話しをしました。

この日の内容はシークエンス101-9で初出しです。やたら側屈が多いシークエンスでした。

第139回(3/12)は、紹介で参加してくだった新規1名をあわせた15名で練習しました。ヨガアワーでは初回のかたは、まるで洗礼であるかのように「足が攣って」マットのうえをのたうち回るのがうちの習わしっぽいです。「あるある」というかみんな経験することだと思います。でもチャンスです。どういうポーズでどういう姿位でどういう力の入れ具合のときに攣るのか。そしてどうやったら戻るのか。自分を観察します。自分の身体や心に生じる現象をつぶさに観察することがヨガの醍醐味でもあるからです。まぁ観察する練習です。ただのエクササイズじゃないですよ。

この日のWODは「麻薬」でした。なんて不謹慎な!ってことですが、脳内麻薬のはなしね。ヨガにありがちなやつ。ぷらす若返りホルモンの話しもついでに。内容はシークエンス18でした。プルプルする系のポーズをたくさんだしました。

やっぱり時間に余裕があるといいですね。ヨガアワーではシークエンスの進行中にポーズの詳細を教えることができません。せっかく、クラスの前後に時間があるからいろいろ質問してみてください。わたしもわからないことがたくさんありますが、そういう場合でも一緒に考えていきましょう。私が答えたことが必ずしも正しいわけじゃないですから。ってゆーか、世の中に正しいことなどないと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました