第144回 ヨガレポと青空ヨガの告知

スポーツと運動
この記事は約4分で読めます。

今週は水曜日がお休みで、金曜日だけでしたが練習に参加してくださったみなさん、一緒に練習してくれてありがとうございます。たぶん季節の変わり目だったり、黄砂だったり花粉だったりでみなさん体調が悪いんじゃないかなーって思います。私も妻もクラスがはじまるまえからすでに疲れてました。たぶんそういう時期なんでしょう。「キツイから行きたくないなぁ」って思ってもみなさんが参加してくれることが、私にとっても強制力となって「よいしょ」って思い腰があがります。だから、ほんとにみなさんのお陰で私の弱い意志力でもなんとかやってこれてるわけです。だから例え参加予定数が1人でもやります!

水曜が休みだったのは私がサボったからじゃないですよ。施設予約ができない日だったんです。でも久しぶりに水曜日が休めたからゆっくりできて良かったです。

4/2(金)の練習は新規3名をふくめた14名で練習しました。初心者が多いクラスだったのでyH101の日でよかったです。内容はシークエンス101-7でした。101でもこのシークエンスは片脚をあげたダウンドッグとプランクが2セットあって、さらにハイランジも2セットあるので前半がキツイです。みなさんの「はよ終われー、はよ終われー」っていう呪いのような想いが突き刺さってくるようでした。終わったあとはドッと疲れたと思います。ただでさえ時期的にキツイのに、追ってキツくて救いがないですよね(笑)

今日の言葉(WOD)は「視点」でした。ヨガでは「ドリシュティ」って言うらしいです。ポーズをしてるときに目を向ける視点や方向のことです。ヨガの本には集中させるためにやるらしいですが、私はべつの意図もあると感じています。例えば目の周りの筋肉や皮膚、目の動き、水晶体で焦点を調節したり、縮瞳や散瞳、輻輳には自律神経が一部関与しています。ほら、また出た。自律神経。これを手がかり足がかりにして心の領域まで手を伸ばそうとしている魂胆がまるみえ。それを考えだした昔のヨガの人、「すげー」って思いました。

それに、ふつうヨガっていったら粗大筋のリラックスを謳うことが多いけど。目の周囲にある微小な筋や毛様体などにまでリラックスの範囲を広げてコントロール下に置こうっていう魂胆もあると思います。たぶん。しらんけど。だんだん歳とってくると水晶体も硝子体も水分がなくなるけん、そうならんようにしとーちゃないかいなー。たぶん。しらんけど。

私はヨガを始めた頃、やけに飛蚊が気になるようなりました。飛蚊の一つ一つに星の名前をつけたり、追いかけたり焦点をあわせたり操作したりして遊んだりもしました。でもさらにヨガをつづけるうちに飛蚊が気にならなくなりました(無くなったわけではない)。そうするうちに視点を無限遠にしたり虚空にしたり鼻先にしたりといろいろ操作できるようになった気がします。なんかそれが面白いと。もしかしたらヨガは視力を良くしたり、老眼を先延ばしにする効果もあるのかもしれません。

今日のシークエンスは「ポーズの王様」といわれる頭立ちのポーズを意識して疑似的にやってみました。ってゆーても、ただドルフィンをやって「upward bow head on floor」で頭頂を刺激することを意識させただけなんだけどね。だってヨガアワーには逆転のポーズがないから。ふつうこのポーズは頭を浮かせることに焦点を置きがちだけど、今回は、わざと頭頂すなわち「百会」「アディパティマルマ」に適度な刺激を与えることを意識しただけ。ただそれだけ。

いろいろ話はぶっ飛びますが、お知らせです。

4月18日(日曜日)に南区塩原の那珂川沿いの公園で11時くらいから「青空ピラティス&ヨガ」をしようと計画してます。参加費は1000円です。南区でピラティスを教えてらっしゃる作業療法士さんの「ウィローピラティス」さんとのコラボ企画です。気候も暖かくなったことだし川そばの緑あふれる公園で汗を流しませんか?

わたしもその方も今回、はじめての屋外企画なのでグダグダになってもご容赦を。ちなみに雨天中止です。詳しい告知はまたします。みんなで楽しくわいわい身体を動かせたらいいかなーってくらいの軽いノリで参加してください♪

 
シロツメクサなどの草花が一面に広がってます♪

場所はJR竹下駅の西口から「りぼん橋」を渡って徒歩1分くらい。
川沿いにある広い公園です。すぐ近くには「蔵元 綾杉酒造」や「5CAFE」が見えます。
車でお越しのかたのためにも、近隣のコインパーキングの場所をまた告知でご紹介いたします。
詳しくはコチラ↓
塩原中公園 青空ピラティス&ヨガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました