ヨガが続かない(挫折する)

ヨガのこと
この記事は約4分で読めます。

「もう、ずーっと運動してないから、そろそろ運動しなくちゃなぁ」って思って一念発起。

「激しい運動はできなから、キツいことはムリだから、でもヨガならできそう」
って思ってヨガをはじめるひとは多いかと思います。

そんで、私の主宰する「春日いきいきヨガアワー」や「アルジュナヨガ練習会」に初めて参加してみる。
そうするとビックリします。めちゃめちゃキツイ!!( ゚Д゚)

はい、私のクラスはキツイです。それは私が意図しておこなっているわけではなく、私が男性ヨガインストラクターだからだと思います。男性というのはやっぱりどうあがいても女性より筋肉や持久力が強いものです。

私としては「これくらいの運動量なら大丈夫だろう♪」って思ってやっても、どうしても女性の望む運動量とは乖離してしまいます。

じゃぁ、体力がないひとや身体が硬いひと、初心者はヨガをやっちゃいけないのか??

それは「ノー!!」です。まぁあたりまえですけど。やっていいに決まってます。ヨガをするひとに制限はありません。老若男女、持病を抱えた人でも大丈夫です。

そのかわり、心構えというものがあります。

ヨガは本当はポーズよりも精神性のほうを重要視します。ポーズはその精神性を向上させるための手段にすぎないのです。

体力がないひとや初心者、病気があるひとがヨガを行うための重要な心構え(精神性)は

①「ポーズを頑張らないこと」
②「いまの自分のポーズ、体力、柔軟性を受け入れること」
③「まわりを気にしないこと」
④「結果(効果)にとらわれないこと」
⑤「つづけること」

この5つだと思います。①の頑張らないこととは「ポーズ」のことです。ポーズは重要ではありません。どちらかというと「週1回がんばる」みたいで「続けること」自体を頑張ってほしいです。そうすればポーズはおのずと上達してきます。頑張らなくてもつづけることで、ポーズに必要な体力や柔軟性はみについてきます。

②こそヨガ(仏教)らしい精神性ですね。②と③は関係します。はじめて参加するひとは、まわりが上手にポーズをとっているから、「自分もそうならなくっちゃ」と、つい頑張っちゃいます。そして、最初から「ポーズが上手くできない」と不満足に終わります。それならまだしも自制できずに頑張り過ぎちゃったので、翌日や翌々日にかなりひどい「倦怠感、筋肉痛、痛み、体調不良」に悩まされヨガに対しての不満足感がでてきます。

私は常々、初回参加されたかたに「頑張り過ぎないでください。最初は4~5割のちからでやってください」とうながしてます。ながくつづけるコツは頑張り過ぎないこと。最初から欲張ってヨガから得られる効果をあますことなく取りつくそうと考えると失敗におわります。ヨガや仏教では「足るを知ること」が大切です。いまの自分で満足しましょう。

そして、「いま私ができるポーズはこんなものだ」「この筋肉痛や体調不良は私が頑張り過ぎたせいだ」と受け入れましょう。じぶんのありのままを受け入れるという精神性はヨガのときだけでなく、ふだんの人生でもあらわれてくるはずです。人生の「苦」は「不満足」が原因になっていることが多いといわれています。その練習だと思ってください。

そのためには③の「まわりに流されないこと」「自分は自分であること」が大切です。クラスではみんなで練習はしていますが、ヨガは個人的なものです。まわりが上手くポーズをとっているからって自分までそうする必要はありません。講師(私)が「太ももを引き締めて!!」指導してても従いたくなければ従わなくてもいいのです。ポーズがちゃんとできてもできなくてもヨガの目的(幸せになること)とは全く関係がありません。

きつかったら、座って休んでください。みんながポーズをとってても関係ありません。気にせずに寝っ転がって休みましょう。図太くなりましょう。自分の限界を知ることも大切です。「今の私の体力はこの程度なんだ」と知る良い機会になったと捉えましょう。ヨガは自分のことを知るためのツールです。ポーズの競技会ではありません。

でも、やはりヨガ教室の門をたたいた以上、ヨガにある程度の効果(結果)を期待するものです。ですが、面白いことに求めると逃げていくのが世の常。すぐに簡単に得られるものはすぐに簡単に失うもの。そういう私は効果を性急に求めてしまう性分なので、運動負荷の強いクラスをつくりがちです。強すぎる薬は毒にもなりえます。ながく地道に練習をつづけていれば、いつのまにか結果はついてきます。

だから、一番重要なのは⑤の「つづけること」です。これが一番難しい!!これもヨガの重要な精神性だと思います。長い目でみていきましょう。1か月とか2か月のスパンではなく年単位で考えましょう。どーせ、一生かかってもヨガの目的が達成できるとは限らないのですから。

ということで、ヨガを挫折してしまった人、挫折してしまいそうな人は①~⑤を見直しましょう。

大事なので、何回も言います。

頑張らずに、いまの自分をありのままに受け入れて満足しましょう。まわりを気にせずに個人的な時間を楽しみましょう。いまはプライベートな時間です。つづけれいればそのうち効果はえられます。でも、得られなくてもイイじゃないですか♪

みたいな♬

気楽にご参加ください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました