みんなのケツ叩いていく

春日いきいきヨガアワー
この記事は約5分で読めます。

第224回春日いきいきヨガアワー(9/7)、第18回アルジュナヨガ(9/7)、第225回春日いきいきヨガアワー(9/9)の練習会に参加してくださったメンバーのみなさん、いつも一緒にヨガをしてくれてありがとうございます。アルジュナの日曜は今回もお休みさせていただいてます。私の私用のためです。ごめんなさい💦

さらに、かさねて申し訳ないのが「さざんぴあ博多」が10月からワクチン接種会場になるため使えないということです。「さざんぴあ」は広くてボチボチの値段で良い施設なんですが、なんとも安定して場所おさえることができないので使い勝手が悪いです💦ヨガは継続した練習が大事なのに~💦そのあいだだけでもいいので和室でもいいから貸してくださいって頼んでも決まりですからって断られました。その点、春日市のいきいきプラザはけっこう自由に柔軟に対応してくれるので使いやすいです。

アルジュナヨガの練習場所を探すために「那珂南公民館」や「三筑公民館」にも出向きましたが、40代男性が平日に「部屋を貸してください」って問い合わせても怪しがられて断られる次第です。それに、講師が自ら直接借りることはできないみたいで、その公民館の地域住民が借りて、そのサークルの講師として招かれるようにするしかないようです。公文教室とかやってるとこもあるけど、どこからどこまでがサークルでどこからどこまでが教室(習い事)なのか、いまいち曖昧で制度やキマリが縁故で決まってそうな印象をうけます。三筑校区のかた、どなたか練習場確保のためご協力いただけると助かります。

なのでアルジュナヨガ練習会の10月の活動は目処がたたないのが現状です。枠チンがおわるまで活動停止って感じです。

さて、水曜朝のアルジュナは新規1名のかたと5カ月ぶりに参加されたかたを含めて3名で練習しました。水曜朝は少人数なのでポーズに修正をいれたりポーズの肝を説明したりけっこう細かいところまで指導できます。5カ月ぶりのかたとお話ししたんですが、やっぱり間があくと競技スポーツに影響がでていたようです。ヨガは柔軟性と体幹筋、バランスが身につくので競技スポーツの土台となります。みなさんそれぞれに得意不得意がありますが自分自身の体と向き合って精進している姿がみられました。硬いってことは伸びしろもたくさんあるってことです♪

水曜夜のいきいきヨガアワーは新規1名を含めた12名で練習しました。今回は、子どもさんもいれると男性4名!!まぁ珍しい!ヨガアワーはオールレベルなので初心者から経験者までみんな参加できます。その日は、初参加もいるのにアームバランスを二つ入れました。だんだん足や身体が浮く人が増えてきてます。そのために、腹筋系や腕立て系もできるだけいれるようにしています。みなさんは嫌でしょうけどね(笑)

だって、ひとりでは家でやらないでしょ?だから私が強制的にクラスでやらせてます(笑)みなさんのケツは私が叩きますからご安心を!みなさんがヨガアワーに来続ける限り一生、強靭で柔軟な身体をキープできるように厳しくやっていきますからね!

健康にお金と時間をかけるなんてナンセンス!ヨガアワーだったら60分でやれることは全部やる!!そんで、やらないひとはやらなくてもいい。やりたいひとは止めない。ヨガアワーはそんなスタンス。

まぁ、そこらへんはテキトー

WODは「海」、こんど海にキャンプに行って季節はずれの海水浴するから、たまには海水に使ってデトックスしなきゃねって話し。生物はみんな海から生まれたから、年に数回は生命のスープにつかってエネルギーを貰わなきゃね。鼻や口から皮膚からガーって海水を入れまくってニガリ成分とってこーよ!最近、ヘンなもん体に注入しちゃったひとは特に!

水曜クラスは最近なにかとは「重曹クエン酸水」「抗酸化配合剤」の話題をふってます。私的にはコロナ後遺症の倦怠感が軽減していってるような気がします。やっぱクエン酸回路がまわりやすくなるけん、エネルギー不足が解消されるっちゃろーね。ガンにも良いし、白髪回復にも良いし、みなさんもよかったらやってみてください♪

クエン酸で医者いらず ガンの新しい治療法 イベルメクチン新型コロナ治療の救世主になりえるのか オキシカット抗酸化配合剤

水曜夜のいきいきヨガアワーは新規2名を含めた10名で練習しました。今回初参加のかたに、うちのクラスのかなでも最高齢レベルのかたがいらっしゃいました。なにがすごいかっていうと、どんな年齢になっても新しいことに挑戦してみようという気持ちがすごいですよね。そういう精神性やメンタルの持ち方って確実に認知症予防になるので私も見習っていきたいと思います。こうやって新しいヨガ仲間がどんどん増えてきて、前回のブログでも言ったように大勢でヨガをやってみんなで健康になっていけたらいいと思います。

ポーズの競技会みたいにならずに、それぞれが個人的な練習をグループのなかでやっていく感じ。自分が今できることを自分のペースでやっていく。この際、専門的なことは置いといていいと思います。解剖学や運動学とか西洋医学を取り入れて効率的にやる方法もあるけれど、結局、アーサナは瞑想への橋渡しだし、「つなぐ、むすぶ(yuj)」が語源であるヨガと「分解、切り離す」語源である解剖学は思想的に相容れないと思う。世界は分けてもわからない。

WODは「死体」でした。一番難しいポーズのこと。筋緊張がどういうものか。どういったときにでるか。ヨガは死体になる練習。死の先取り。死体と「生体」の違いってなんだろう。構成元素はかわらないのにね。原子レベルの3Dプリンターがあったとして、生体と同じ構成で組み立てても、そこに命は宿らない。こういうこと考えると面白いよね。

今週も「春日いきいきヨガアワー」と「アルジュナヨガ練習会」よろしくお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました