穴場な平塚川添遺跡公園

イベント
この記事は約3分で読めます。

今週の日曜ヨガはお休みでしたが、先週の日曜日(11/20)、日曜ヨガが終わってから「第2回あさくら祭り」に行ってきました。コロナ自粛のせいで3年ぶりの開催らしいです。

甘木市街地は久しぶりです。よく大分方面にいくときは国道386を通るけど、たいがいバイパスを通って比良松に抜けるので甘木じたいにはあまり行くことがない。

まぁ、いたってふつうの地域のまつり。地元の物産が販売してあったり、出店がたくさんありました。ステージではよく知らない人が熱唱したり子どもたちがダンスしてました。アイドルのAKBも来てましたが、見たことない人たちでした。

とくに楽しいことはない。

祭りよりも子どもたちは、隣接してた「甘木歴史資料館」のほうが楽しんでました。

 

あさくら祭りをあとにし、南下してたまたまGoogleマップでみつけた「平塚川添遺跡公園」に行きました。

じつはここが今回のブログの主役です。思いがけず行った穴場的なおすすめスポット。

公園は広く、竪穴住居や高床式倉庫が立ち並んでます。日曜で近くで祭りが開催されてるというのに、ほとんど人がいない。ガラガラ。遊具はないので、遊具でしか遊べない子どもはもしかしたら楽しめないかもしれません💦

でも、竪穴住居や高床倉庫は自由に入れるので、それらをつかって遊べます。ほとんど誰もいないから高床式からジャンプしたり、鬼ごっこやかくれんぼも楽しそう。芝生の広場も広いのでボール遊びやフリスビーなどもし放題。

公園内には体験館が一つだけあります。そこでは、「弓矢」「槍投げ」「火おこし」が無料で体験できます。子どもたちがハマったのは「弓矢」です。ちゃんと施設のおっちゃんが弓矢の使い方を最初にレクチャーしてくれます。そんで、猪の絵を描いた的を出してくれてそれを狙い撃ちます。これが意外に難しいんです。

 

そして、これが結構テキトーで、レクチャー後はほったらかしです。いやいや、弓矢の勢いはかなり強く、人に当たると大怪我しますよ!まぢで!運良くて大怪我、下手すりゃ死ぬかもってくらい危険なんです。うちの子も、別の子が撃とうとしているところを横切ろうして撃ち抜かれそうになりました。よくこんな甘々な管理体制でいままで事故がなかったよなぁってくらい。

でも、そんなところがイイ!!♪

そこにシビレる憧れるぅ~♪

いや、めちゃめちゃ親切な良いおっちゃんなんですよ✨

「火おこし」も最初は丁寧に説明してくれます。でも、あとは自由。麻の火種に火が付いたら結構勢いよく燃えます。これ、小学生は怖いよ、きっと。

この「痛い」「危ない」「怖い」という体験ができそうなところがイイ。そっちのほうが子どもたちの印象に残る。安全に管理されたものは面白くないしね。

 

物事には「善い」とか「悪い」とかいうものは無く、使う側の問題なので、この割と自由な場所を、ちゃんとルールを守って使っていきたいものです。いちどでも事故があると、面白みのないガチガチに管理された場所になってしまうから。

同じようなものは「吉野ヶ里遺跡公園」にもあるけど、あっちはいろいろ金取るよね。まず入場料に460円とって、駐車料に310円とられます。そんで体験するのもお金とる。その割に混んでて人が多い。

こっちはガラガラで無料♪遊具ないけどね♪

ここは邪馬台国に属する大規模集落だったらしいよ。

距離にして吉野ヶ里遺跡とは約30kmはなれてます。さて、古代にはどんな交流があったのでしょうか?はたまたどんな戦いが繰り広げられていたんでしょうか。めっちゃロマンがあるぅ~♪

子連れで遊び場所に困ったときは、ぜひ、朝倉市「平塚川添遺跡公園」へお越しください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました