宮崎の延岡でカヌー

スポーツと運動
この記事は約3分で読めます。

 

先週末の日曜日のお話しなんですが、リハビリの専門学校のときの仲間と宮崎の延岡にカヌーにいってきました。嫁も女子会だったので、子どもたちは私の両親に押し付けて、みんなそれぞれハッピーな日曜日を過ごしました。

朝8時に春日を出発して、高速ぶっとばして約4時間。延岡の手前にある「北川はゆま」っていう道の駅に到着したのはお昼をまわっていました。そこから約15分くらいのところにあるカヌーのゴール地点に車を置いて、そこで水着に着替えてしまいます。さらに別の車でスタート地点の河原まで運んでもらい、そこからいよいよカヌーの開始です。

 

実は今回2回目のカヌーです。去年もここに来たんです。そのときのカヌーのあまりの気持ちよさにハマってしまって今年も来ちゃいました。クセになりますよ。子どもにも絶対いつか体験させたほうがいいくらいのヤツです!球磨川のラフティングもイイですが、カヌーは川遊びの最終形態って感じがします。

 

水面が近いし、川岸にも自由に近づけて木々などの緑も近い。北川の支流である「小川」は水がすごくきれいです。めちゃめちゃ深いところでも下が透きとおってて魚がみえます。流れが穏やかなところでは眠くなるくらいのんびり。逆に流れが速いところは、カヌーがひっくり返って川に落とされます。ちょー面白い!でも大丈夫。インストラクターのガイドさんが助けにきてくれます。

 

気に入った河原があれば、好きなところに上陸して、泳いだりパンを食べたりできます。飛び込みに適した岩場に上陸して4m以上もある高さからジャンプして飛び込みます。とちゅうにある沈下橋にも上陸して、バク転でとんでみたり、頭からとびこんでみたり、バックフリップしてみたり、みんなで一斉に飛び込んだり、気持ちのいいのなんの♪

 

今回、ゴムボートで川をくだってた親子が、倒木に引っ掛かって身動きとれなくなっているのを私たちのガイドが救助するというハプニングがありました。なのでスタート地点からゴール地点まで約3時間半もかかりました。ガイドさん曰く、とても危険な状況だったそうで一歩間違えば命にかかわるほどだったそうです。

 

とても長い時間カヌーに乗ってたので、ゴールについたころにはヘトヘトで、ほんとはゴール地点の川でロールの練習をする予定だったんですができませんでした。ちなみに、ロールというのはカヌーで逆さまになった状態からオールと体の捻じりを利用して起き上がる技です。とても難しいんです!来年こそは挑戦したい!

それにしても、この延岡という地は自然が豊かで、とてもいいところです。海もあり川もあり山もある。当然、食べ物も美味しい。時間とお金に余裕ができたら、延岡に別荘とか持って毎日を自然と一緒に遊んで暮らしたいなぁ♪みなさんも機会があったら是非、延岡でカヌー体験してみてください。カヌー以外にもキャニオニングとかいろいろなアクティビティがあるみたいですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました