ナッツとチョコとアシタバは、わが家の常備品

プライベート
この記事は約6分で読めます。

今日は我が家の常備品であり、ほぼ毎日食べていて私が愛用している食品をご紹介します。

私は2014年に「炭水化物が人類を滅ぼす」という本に出会って以来、ゆるい糖質制限をしています。まだ私がヨガに出会う2年半以上も前ですね。

炭水化物が人類を滅ぼす ケトン体が人類を救う

そのころは、まだ糖質制限という言葉があまり浸透しておらず、テレビなどのメディアでも、まだ糖質制限バッシングが少なかった時期だと思います。(この後、利権がらみのバッシングが増える)

今みたいにコンビニや外食店でも糖質制限に配慮した食品を販売しておらず、食事の選択肢のすくない状況で、日々、何を食べようかホント悩んでいました。

糖質制限は、比較的安い食品であるパンやごはん、麺類を除外した選択肢になるので、きほん食費は高くなりエンゲル係数があがった生活になります。

しかし私は貧乏性なので、肉や魚、葉物野菜など高級食品には手が出ません。

なので、ディスカウントストアなどによく売っている一人前の安いおでんの詰め合わせや缶詰などを偏って食べてました。

するとどうでしょう。顔にブツブツがたくさんできて肌荒れが酷いことになりました。吹き出物です。たぶん「おでん」の練り物やスープに含まれている食品添加物が悪かったんだと思います。

おでん 常温保存可 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

ミックスナッツを主たるエネルギー源(主食)にする

そんななか、アマゾンでミックスナッツという商品を発見しました。ナッツは人類が農耕を始める前、狩猟採集生活をしていたときに、食べていたものです。ドングリとかピスタチオとかね。ナッツは糖質が少なくほとんど脂質でできてます。とくにクルミなんかは不飽和脂肪酸であるオメガ3が豊富です。一時期、オメガ3を摂るために亜麻仁油やエゴマ油を使っていたこともありましたが結構クセが強いし酸化や熱に弱いので料理としては扱いづらかった経緯がありました。でも、ナッツからオメガ3を摂取するとすごく食べやすいです。私がいつも取り寄せているのは4種類のやつで、クルミとマカダミアは生です。でも、ほんとはピスタチオとヘーゼルナッツも含まれる最強の7種類のやつが欲しいんですけど、常備するには高くて手が出ません。

4種 ミックスナッツ (生くるみ・アーモンド・カシューナッツ・生マカダミア) 7種のミックスナッツ(アーモンド カシューナッツ クルミ ピスタチオ など)

ほとんどの人がナッツと聞くと、脂質が多いから食べすぎると吹き出物ができやすいんじゃない?とか太るんじゃない?って言われますが、ぜんぜんそんなことないです。脂質は糖質制限を成功させるうえではとても重要です。糖質制限もしてさらに脂質も制限もするとたいがい失敗して健康を損ないます。

ご飯は健康によくて脂肪は悪者扱い

脂質って世間では悪者扱いですが(病院でも)、ほんとは脂質ってめちゃめちゃ大切です。脂質の役割は「スンナリわかる脂肪の本」って本がわかりやすくておススメです。この本は絶対読んだ方がいいです。脂肪に対する考え方が変わって、脂質制限なんかしなくなり積極的に良質な脂質を摂りたくなります。化学の知識が必要で少し難しいけど「「代謝」がわかれば身体がわかる」も脂質の重要性がわかって良い本です。栄養素の経路がわかりやすくイラストで説明されてます。

スンナリわかる脂肪の本―中性脂肪って何?コレステロールって何? 「代謝」がわかれば身体がわかる

脂質の重要な役割は

①身体を動かすエネルギーをつくる
②体脂肪になって保存用のエネルギーになる
③細胞膜をつくる材料になる
④プロスタグランジンをつくる材料になる
⑤ホルモンをつくる材料になる

とくに③④⑤は重要でヨガとも相乗効果が見込めます。肌荒れやひび割れ、肌の若さ、アンチエイジングに関係し、体中の炎症やアレルギー反応や免疫に関係し、怒りっぽさやイライラや不安感などの精神状態に関係し、動脈硬化や血液凝固にも関係します。

もう、めんどくさくなってきた。とにかく、心身の健康状態に大きく関係します。

話がだいぶそれましたが、こうして私は糖質制限の主食として比較的安価に健康を損なわずに毎日摂り続けることができる食品としてミックスナッツを採用することにしたのです。それが2016年のことです。それ以来、私は片手で鷲掴みできる程度の量のミックスナッツを昼ごはんとしてほぼ毎日たべています。もう3年近くなりますが偏った食事にも関わらず非常に調子がイイです。

嗜好品が食べたいときはハイカカオ

でも、ときには甘いものも欲しいですよね。私の場合はチョコレートが大好きなので、いつもハイカカオのチョコレートを常備してます。チョコレートもハイカカオであれば糖質を抑えることができるし、カカオポリフェノールの抗酸化作用によるアンチエイジングを狙えますよね。ハイカカオのチョコレートはいろいろ試しましたが私はバンホーデンのが一番美味しいと思います。常備するなら絶対コレ!うちの子たちもおやつでチョコを食べるときはこれです。

VANHOUTENエキストラダークチョコレート カカオ70% 八丈島産 明日葉 100% サプリメント 90g

血糖を抑えるには明日葉の抗糖尿病作用

そして、同じポリフェノールつながりでいえば、我が家では明日葉も常備していて毎日飲んでいます。明日葉っていわゆる青汁の原料です。最近はケールや大麦若葉が多いですが、明日葉にはカルコンという抗糖尿病作用のある希少なポリフェノールが含まれているので私はこれが一番だと思っています。少し古い文献ですが、もっと詳しく知りたい方は下の文献をご覧ください。テレビやメディアでは、まだあまり取り上げられてないのでおそらく情報強者になれますよ。

アシタバ由来カルコンの抗糖尿病作用

なので私は、肉や魚などのタンパク質は当たり前として、それ以外の必須栄養素である脂質、ビタミン、ミネラルは基本的にナッツとハイカカオチョコレートと明日葉で摂取しています。そして、運動面と精神面をヨガで補強しているって感じです。なるべく歳をとらないように。

食糧危機や災害に強くて健康に良い最強の食べ物

でも、実は最近、ここに新たな一品を加えたいって思っているのです!それはズバリ「昆虫」です!これが加われば最強の健康食になる。環境にも良いし、経済的で家計にも良い!でもまだそこまでする勇気がないんです!こわい!でもしたい!誰か一緒に挑戦しよう!いずれ必要になるよ。食糧危機がくるから。現生人類であるホモサピエンスが遺伝子異常により認知革命がおこる以前は、たぶん主要な食糧だったと思うんよね。まだ狩りに必要な複雑な道具が作れないし、集団で狩りができるほどの認知が発達してなかったし。だから大型動物は捕えきれなくて昆虫と小動物と木の実と魚介ばかり食べてたはず。近いうちに絶対挑戦するぞ!

昆虫食入門 食べられる虫ハンドブック サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 天才と分裂病の進化論

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました