第29・30回 ヨガ教室レポート(R1/10/9・10/11)

春日いきいきヨガアワー
この記事は約6分で読めます。

ワールドカップバレーボールがテレビであってて応援したいのにもかかわらず「10月9日」と「10月11日」の春日いきいきヨガアワーに参加してくださった10名と8名の方々、一緒に練習してくれてありがとうございました。水曜は新規が3名、金曜は2名と、おかげさまで着実に教室のメンバーも増えてきています。教室の登録メンバーである分母が増えれば増えただけ、一人一人がお休みしやすくなるし、例え休んでも教室の運営は安定しますので、長く地域の方々の健康増進に貢献することができます。

キッズヨガのメリットってあるのか

最近は、子どもさんの参加が増えてきました。前回の教室ブログでは、「子どもにはヨガも良いけど競技スポーツを優先させた方がいいよー」っていう内容でした。いま来られている子どもさんたちは競技スポーツを併用されているみたいなので、どちらにも良い影響が見込めると思います。

ほかにも思春期や成長期にヨガをするメリットってあるのかな?って考えたとき思い浮かんだのは精神面が安定してくるってことですかねぇ。やっぱり思春期って微妙なお年頃で情緒不安定になりやすいじゃないですか?そういうののサポートになんか良さそうな気がします。

他にも、これはヨガアワー特有ですけど、勉強面で言えば「聴覚理解」の練習になります。人間って「お得意感覚」があって、その得意な感覚を利用して外界と意思疎通をはかろうとします。その感覚とは「視覚」「聴覚」「身体感覚(触覚)」の三つです。私の場合は視覚と身体感覚が優位なタイプなので目で見たり、動作を通して理解するのが得意なんですけど、聴覚理解がめちゃくちゃ苦手で言葉で説明されても全く理解できません。英語もヒアリングがめちゃめちゃ苦手でした。

天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル ギフテッド 天才の育て方 子育てに効くマインドフルネス 親が変わり、子どもも変わる

ヨガアワーはインストラクターが言葉で誘導していくので、聴覚理解が苦手なひとにはわかりずらいところがあります。視覚優位なタイプのひとには前で誰かがお手本を示してくれないと上手く理解できないのです。でも、私はヨガアワーのティーチャートレーニングに参加することで、だいぶその苦手意識を克服することができました。ってゆーか、苦手意識を克服するどころが、むしろ耳から情報を入れたり、口から言葉を出す系の勉強が好きになりました。この歳になっても、苦手なものを好きになることは楽しいことです。もっと小さい頃から聴覚系の訓練をしとけばよかったって思います。(余談ですが、その聴覚系の能力を伸ばすために子どもには「読み聞かせ」と「ドラマCD」「ピアノ教室」「英語教室」をさせています)

話しを戻しますが、なので、ヨガアワーをすることで、視覚情報に偏りがちな感覚を聴覚優位に傾ける効能もあるような気がします。あくまでもこれは私の私見ですよ。仮説です。

そうすると、学校で先生の話す授業の説明が理解しやすくなったり、英語のヒアリングがわかりやすくなったりするのかな?と、なったらいいな♪みたいな期待をしています。

ヨガアワーをやってみたらわかりますけど、言葉だけで、自分の体をその言葉どおりにするってけっこう難しいんですよ。ポーズの形だけじゃなくて、力やストレッチの入れ方、抜き方、押し方、方向とか、呼吸とか、意識の向け方、内臓の移動、圧迫の掛け方とか。これだけ聞いたら、ヨガアワーがめちゃめちゃ聴覚系と身体感覚を繋げる良い訓練になることがわかるでしょ?

水曜日は初めてシークエンス23をしました。今までの例に漏れず、初めてのシークエンスをする回は、たいがい上手くいきません。想定してたよりも8ポーズできなかったからストレッチ系が多くなってしまって運動負荷が弱かった気がします。また、ポーズとポーズの繋ぎ方もパニクってました。まだまだ私とシークエンス23との絆というか関係性が上手く築けていないのでしょう。もっとシークエンスと真摯に向き合わねばなりません。

まぁ、私の情けなさとは反対に、参加してくださったメンバーはしっかりと真面目にヨガアワーを練習してくださってました。今までできなかったポーズが少しずつ上達していってるのが目に見えてわかるし、「レッグリフト」や「ハーフボート」などのポーズについても腰を痛めない体の使い方など質問があり、自分の身体と向き合って対話をしてるんだなって思いました。具体的な私の反省は「プランクポーズ」もちゃんと細かいところまで指示を入れていこう。なんか繋ぎのポーズになってしまってる。

音楽のプレイリストを変えてみた

金曜日は、教室を始めて以来、初めて音楽を変えました。ほんとは毎回、シークエンスも音楽も変えなきゃいけないんだけど、音楽を変えちゃうと、クラスの雰囲気も変わってしまって、自分のインストラクションもリセットされてしまいそうで怖くて変えきりませんでいた(汗)でも、ちゃんといつも通りにやれたのでよかったです。なんかシークエンス6は自分と相性が良い気がする。5回目だからかな?教えてて気持ちがいい。自分にあってる感じ。

音楽とともにヨガアワーに欠かせないのが「今日の言葉」です。金曜は「プライベート」でした。家事や育児や仕事でなかなか自分の個人的な時間がとれそうでとれない人でも、ヨガアワーの時間だけは自分だけ時間。自分のためだけの時間であって欲しいということ。たとえ親子で参加してても個人でいることができます。とくに最後のシャバアーサナは贅沢な至福のひととき。そうすることで、普段からも自分をもっと大切にすることができるかもしれません。そういう練習になればいいなと思います。まぁ、ヨガアワーは個人としてもグループとしてもどちらでも練習を楽しめますけどね。

今回も、水曜から続けて参加してくれた人が3人いてビックリです!きつくないのかなって思います。私の場合、1回ヨガアワーをやったら、死にそうになります。とくに、あまりに自分の能力以上の力を出しすぎたときは免疫が落ちて風邪をひきます。でもそれが治ったときには、サイヤ人みたいに強くなりますけどね。

金曜はクラスがはじまる前に、「カウフェイス」の脚を巻き付けることができないと質問がありました。苦手なことにチャレンジする前向き姿勢がすごいです。私もいつまでもそうでありたい。それにしてもヨガってイイですよね。リハビリやピラティスでは脚を外に広げるエクササイズはたくさんあっても、脚を内側に入れるエクササイズってあまりしません。ヨガ独特な感じ。たぶんときどき股関節のお皿が浅い人がいるので、関節が外れないようにするためなのかな?人工股関節でも禁忌姿位だし。でも、そんなことはお構いなしにやっちゃうところがヨガのイイところ。ヨガは脚を内側に入れたり、内側に捻じったりするポーズもあるから面白い。

私も用事があったら気軽に休みます

最近気づいたんですが、金曜日って飲み会が多くなる日ですよね。金曜のクラスを開講してしまったら「私が飲み会に行けないじゃないか!」と。うげー、どーしよー

なので、急きょどうしても行きたい飲み会や用事ができたら、台風や災害じゃなくてもヨガ教室はお休みします。連絡は「Line公式アカウント」でしますのでチェックお願いしますね。

生徒さんがいつでも気軽に休めるように、お手本として講師である私も気軽にサボりますのでよろしくお願いします。やりたいことを我慢したり、教室が重荷になってストレスになってしまったらヨガ教室自体が長く続かないので気楽にいきたいと思います。

ちなみに来週の金曜日がお休みなのはサボりじゃないです。ただ施設予約で別のグループに先を越されただけです。水曜日はありますので、来週もまたよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました